スポーツ

北海道日本ハムファイターズの2019年の監督やコーチ陣の経歴や実績まとめ!

日本ハム

日本ハムファイターズの2019年度の首脳陣(監督・コーチ)の現役時代の経歴や実績をまとめました!

栗山英樹監督の経歴や実績(背番号80)

  • 名前:栗山 英樹(くりやま ひでき)
  • 生年月日:1961年4月26日 年齢57歳(※2019年3月時点)
  • 出身: 東京都小平市
  • 身長: 176 cm
  • 体重: 74 kg
  • 出身校:創価高等学校-東京学芸大学
  • 選手時代の所属チーム:ヤクルトスワローズ (1984 – 1990)

通算成績(プロ野球)

  • ポジション:外野手
  • 活動:7年
  • 通算打率:.279
  • 本塁打数:7本
  • 打点:67
  • 盗塁:23

タイトル・記録

  • ゴールデングラブ賞:1回 (外野手部門:1989年)
  • パ・リーグ連盟特別表彰:2回 (優勝監督賞:2012年、最優秀監督賞:2016年)
  • 正力松太郎賞 (2016年)
  • テレビ朝日スポーツ特別功労賞 (2011年)
  • ビッグスポーツ賞 スーパーベースボール賞 (2012年)
  • テレビ朝日スポーツ放送大賞 (2016年)

栗山英樹監督は7年の1軍生活で494試合出場、1989年にゴールデングラブ賞を取っていますが、他に目立った活躍はできていません。

というのも、1軍2年目の1985年から、平衡感覚が狂う三半規管の難病であるメニエール病に苦しむようになり、試合中に突然目まいや立ちくらみを覚えたそうです。

一度は復帰し、ゴールデングラブ賞も活躍しますが、結局はケガとメニエール病が原因で、引退を決断しています。

引退後はキャスターやスポーツ解説者としてテレビに出演する傍ら、2004年から白鴎大学助教授、2007年から准教授を務め、2008年に教授に昇進しました。※経営学部教授としてスポーツメディア論・野球型などを専門分野としていました

日本のプロ野球の監督で、国立大学出身で大学教授の経歴を持つ人物は史上初めてになります。

大谷翔平選手の二刀流を成功に導いたことからも名声を高めた栗山英樹監督ですが、勉学に勤しみ、新しいことに挑戦していく姿勢が成功の一因だったのではないでしょうか!

厚沢和幸ベンチコーチの経歴や実績(背番号84)

 

View this post on Instagram

 

監督と翔平が歴史を作って 来たんですね✨✨ #厚澤和幸 #北海道日本ハムファイターズ #大谷翔平 #lovefighters

miwakoさん(@miniminiuran)がシェアした投稿 –

  • 名前:厚沢 和幸(あつざわ かずゆき)
  • 生年月日:1972年8月11日 年齢46歳(※2019年3月時点)
  • 出身: 埼玉県浦和市
  • 身長: 184 cm
  • 体重: 79kg
  • 出身校:埼玉県立大宮工業高等学校-国士舘大学
  • 選手時代の所属チーム:日本ハムファイターズ (1995 – 2003)

プロ野球通算成績

  • ポジション:投手
  • 活動:7年
  • 防御率:5.37
  • 勝ち数:0勝
  • 負け数:4敗
  • 完投、完封:0、0

タイトル・記録

  • 特になし

厚沢和幸ベンチコーチは2003年限りで未勝利のまま現役を引退し、2004年から日本ハムの二軍投手コーチに就任しました。

そして2007年から2010年まで一軍投手コーチを務めております。

プロで未勝利で、目立った活躍できなかった投手が一軍の投手コーチを務めるのは非常に稀なケースになります。

更に2011年からはスカウトに転身と、厚沢和幸ベンチコーチは様々な役職を経験してますね!

そして2013年10月に日本ハムの一軍投手コーチへの再任が発表され、 2015年10月に新設の一軍ベンチコーチへの配置転換が発表されました。

2019年も引き続き参謀役として栗山英樹監督を支えることが期待されます!

Sponsored Links

木田優夫投手チーフコーチの経歴や実績(背番号92)

名前:木田 優夫(きだ まさお)
生年月日:1968年9月12日 年齢50歳(※2018年11月時点)
出身: 東京都国分寺市
身長: 188 cm
体重: 95 kg
出身校:日本大学明誠高等学校
選手時代の所属チーム:
プロ野球
読売ジャイアンツ (1987 – 1997),オリックス・ブルーウェーブ (1998)
MLB
デトロイト・タイガース (1999 – 2000)
プロ野球
オリックス・ブルーウェーブ (2000 – 2001)
MLB
ロサンゼルス・ドジャース (2003 – 2004),シアトル・マリナーズ (2004 – 2005)
プロ野球
東京ヤクルトスワローズ (2006 – 2009),北海道日本ハムファイターズ (2010 – 2012)
独立リーグ(BCリーグ)
石川ミリオンスターズ (2013 – 2014)
プロ野球通算成績
活動:19年
防御率:3.91
勝ち数:73勝
負け数:82敗
完投、完封:26、5
タイトル・記録
最多奪三振(当時連盟表彰なし):1回 (1990年)
月間MVP:1回 (1990年4月)
東京ドームMVP:1回 (1995年)
オールスターゲーム出場:2回 (1990年、2006年)

木田優夫投手チーフコーチはMLBでプレーした8人目の日本人選手人になります。

MLBでのプレーは今では珍しくありませんが、木田優夫投手チーフコーチはプロ野球⇒MLB⇒プロ野球⇒MLBと、2度もMLBに挑戦している点が特徴的です。

独立リーグでもプレーしていますし、様々な環境でプレーした木田優夫投手チーフコーチの経験は貴重になるのではないでしょうか!

高橋憲幸投手コーチの経歴や実績(背番号74)

名前:高橋 憲幸(たかはし のりゆき)
生年月日:1971年2月25日 47歳(※2018年11月時点)
出身:群馬県高崎市
身長:180 cm
体重:85 kg
出身校-社会人:拓殖大学紅陵高等学校-日本石油
選手時代の所属チーム:北海道日本ハムファイターズ (1997 – 2005)
通算成績
活動:8年
防御率:3.94
勝ち数:9勝
負け数:10敗
完投、完封:0、0
タイトル・記録
特になし

高橋憲幸投手コーチは現役時代、8年間で272試合に登板するなど、中継ぎ投手として活躍しました。

2006年は当時、中日ドラゴンズの監督を務めていた落合博満監督と、日本ハムの同僚という縁から、中日ドラゴンズの打撃投手を務めています。

2007年からは古巣である新日本石油ENEOS・JX-ENEOSの投手コーチを務めました。

2014年からは、日本ハムファイターズの2軍投手コーチを務め、2017年オフに、1軍投手コーチを務めることが発表されました!

Sponsored Links

鶴岡慎也バッテリーコーチ兼捕手の経歴や実績(背番号22)

名前:鶴岡 慎也(つるおか しんや)
生年月日:1981年4月11日 37歳(※2018年11月時点)
出身: 鹿児島県肝属郡肝付町
身長:175 cm
体重:78 kg
出身校-社会人:樟南高等学校-三菱重工横浜硬式野球クラブ
選手時代の所属チーム:北海道日本ハムファイターズ (2003 – 2013),福岡ソフトバンクホークス (2014 – 2017),北海道日本ハムファイターズ (2018 – )
通算成績(現在現役活動中、成績は2018年シーズンまでのまとめ)
ポジション:捕手
活動:13年
通算打率:.239
本塁打数:17本
打点:239打点
盗塁:11本
守備率:.996
盗刺殺:162(阻止率.265)
タイトル・記録
ベストナイン:1回 (捕手部門:2012年)
ゴールデングラブ賞:1回 (捕手部門:2009年)
最優秀バッテリー賞:1回 (2012年、投手:吉川光夫)
フレッシュオールスターゲームMVP:1回 (2005年)
オールスターゲーム出場:2回 (2012年、2013年)

鶴岡慎也バッテリーコーチ兼捕手は、日本ハムファイターズからソフトバンクにFA移籍し、その後また日本ハムファイターズにFA移籍で戻ってくるという、プロ野球史上初めてのことを行いました。

捕手としては、投手の持ち味を生かした柔軟なリードとインサイドワークに定評があります。

2019年度からは、捕手を務めながら、バッテリーコーチを務めるということで注目されています!

金子誠打撃チーフ兼作戦コーチの経歴や実績(背番号88)

名前:金子 誠(かねこ まこと)
生年月日:1975年11月8日 42歳(※2018年10月時点)
出身:千葉県我孫子市
身長:185 cm
体重:84 kg
出身校:常総学院高
選手時代の所属チーム:北海道日本ハムファイターズ (1994 – 2014)
通算成績
ポジション:遊撃手、二塁手
活動:20年
通算打率:.256
本塁打数:84本
打点:620
盗塁:113
タイトル・記録
新人王(1996年)
ベストナイン:1回(二塁手・1999年)
ゴールデングラブ賞:3回(二塁手:2回、1998年・1999年、遊撃手:1回、2009年)
月間MVP:1回(2009年4月)
東京ドームMVP:1回(1997年)
札幌ドームMVP:1回(2009年)
札幌ドームMVP特別賞:1回(2006年)
札幌ドームMVP功労賞(2014年)
ベスト・ファーザー イエローリボン賞 in 「プロ野球部門」 (2009年)
オールスターゲーム出場:3回(2002年、2004年、2009年)
5年連続守備率1位:1997年 – 2001年 ※二塁手のパ・リーグタイ記録

金子誠打撃チーフ兼作戦コーチは日本ハムファイターズ一筋で1996年から01年まで二塁手、02年から2012年まで遊撃手として、計20年間内野陣を支えた守備の名手です。

守備の指標をもとにしたデータを用いて、金子誠打撃チーフ兼作戦コーチの守備力を測定すると、日本ハム歴代の選手はおろか、日本プロ野球史で5本の指に入る守備力を有していました!

本人も、「ファインプレーに見せかけるのは簡単、ファインプレーに見えないのが上手い選手」「守備なら一晩中でも語れる」と守備に関する並々ならぬ熱意を見せています。

金子誠打撃チーフ兼作戦コーチは、内野守備のコーチではないのですが、作戦コーチも兼任してますので、自身の経験を選手に指導してくれることが期待されます!

Sponsored Links

城石憲之打撃コーチの経歴や実績(背番号79)

・名前:城石 憲之(しろいし のりゆき)
・生年月日:1973年4月17日 年齢45歳(※2018年11月時点)
・出身: 埼玉県大宮市
・身長: 183cm
・体重: 74kg
・出身校:春日部共栄高等学校-青山学院大学(中退)
・選手時代の所属チーム:
プロ野球
日本ハムファイターズ (1995 – 1997),ヤクルトスワローズ,東京ヤクルトスワローズ (1998 – 2009)
プロ野球での通算成績
ポジション:二塁手、遊撃手、三塁手
活動:15年
通算打率:.234
本塁打数:25本
打点:133
盗塁:10
タイトル・記録
セントラル・リーグ会長特別表彰 (1998年)
JA全農Go・Go賞:1回 (最多二・三塁打賞:1998年8月)
オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (2000年第2戦)
サンスポMVP大賞:1回 (1998年)
セ・リーグ歴代新人最高打率.327:1998年達成
外野手最多補殺:1回 (1999年:11)
オールスターゲーム出場:2回 (2000年、2003年)

城石憲之打撃コーチは入団した日本ハムファイターズでは活躍できず、3年間の1軍生活でわずか9試合の出場に留まりました

4年目にはヤクルトに移籍することになりますが、このトレードの背景には、ヤクルトがプロ野球脱税事件による出場停止処分を受けた正遊撃手・宮本慎也の代役を探す必要に迫られていたという事情になります。

移籍後8年目には、城石憲之打撃コーチはレギュラーとなり、自己最多の130試合に出場。打率.256、安打92、本塁打2とまずまずの成績を残し、シーズン終了後、ヤクルトの選手会長に就任しております。

ヤクルトスワローズの選手会長を務めたことから、選手や監督の人望が厚い選手だったことがわかります!

緒方耕一守備チーフ兼内野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号73)

名前:緒方 耕一(おがた こういち)
生年月日:1968年9月2日 年齢50歳(※2018年11月時点)
出身: 熊本県熊本市
身長: 175cm
体重: 68kg
出身校:熊本県立熊本工業高等学校
選手時代の所属チーム:読売ジャイアンツ (1987 – 1998)
通算成績
ポジション:外野手、二塁手
活動:9年
通算打率:.263
本塁打数:17本
打点:130
盗塁:96
タイトル・記録
盗塁王:2回(1990年、1993年)

巨人一筋で活躍した緒方耕一守備チーフ兼内野守備走塁コーチ!

1994年は守備・走塁のスペシャリストとして活躍し、後に伝説の一戦と呼ばれた「10.8」にもグラッデンに変わって守備で途中出場しております。

日本シリーズではファインプレーを見せた他、第5戦で勝利を決定づける満塁本塁打を放ち、試合後のインタビューでは長嶋茂雄監督に「ミラクルボーイ」と言わしめました。

その後、アキレス腱や腰痛など故障により満足なプレーができず、1998年に30歳にして現役を引退しております。

Sponsored Links

川名慎一外野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号75)

名前:川名 慎一(かわな しんいち)
生年月日:1970年4月10日 48歳(※2018年11月時点)
出身:愛媛県
身長:179 cm
体重:77 kg
出身校:鹿児島県鹿児島市
選手時代の所属チーム:日本ハムファイターズ (1989 – 1997),阪神タイガース (1998)
通算成績
ポジション:外野手
活動:8年
通算打率:.235
本塁打数:1本
打点:21
盗塁:54
タイトル・記録
特になし

川名慎一外野守備走塁コーチは、現役時代に球界屈指の俊足選手として知られ、代走としての起用が多かったです。

本来は右打ちであるが、俊足を生かすために一時期スイッチヒッターに挑戦していた
1997年10月に戦力外通告を受け、阪神タイガースにテスト入団にて移籍しました。

1998年に現役引退した後にプロゴルファーの研修生になる等、異色の経歴も経験しますが、2004年から2012年まで日本ハムの二軍外野守備走塁コーチを務め、野球界に戻ってきてます。

2013年からは日本ハムのアマ兼プロスカウトも務めております。

上記布陣で大谷選手が大活躍した2016年以来の日本一を目指す日本ハムファイターズの2019年度に注目です!

その他の球団のコーチの経歴や実績について知りたい方は、こちらもどうぞ。

広島 ヤクルト 巨人 Dena 中日 阪神
西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 楽天

最後までお読みいただきありがとうございました!