スポーツ

福岡ソフトバンクホークスの2020年の監督やコーチ陣の経歴や実績まとめ!

福岡ソフトバンクホークスの2020年度の首脳陣(監督・コーチ)の現役時代の経歴や実績をまとめました!

圧倒的な強さで日本シリーズ3連覇を果たしたソフトバンク。2020年こそはリーグ制覇を達成できるか注目です。

工藤公康監督の経歴や実績(背番号81)

  • 名前:工藤 公康(くどう きみやす)
  • 生年月日:1963年5月5日 年齢56歳(※2019年11月時点)
  • 出身:愛知県豊明市
  • 身長・体重: 176cm・ 80kg
  • 出身校:名古屋電気高等学校
  • 選手時代の所属チーム:西武ライオンズ (1982 – 1994),福岡ダイエーホークス (1995 – 1999),読売ジャイアンツ (2000 – 2006),横浜ベイスターズ (2007 – 2009),埼玉西武ライオンズ (2010)
  • 通算成績(プロ野球1軍)
  • ポジション:投手
  • 活動:29年 ※プロ野球最長(635試合登板)
  • 防御率:3.45
  • 勝ち数:224勝
  • 負け数:142敗
  • 完投、完封:116、24
  • タイトル・記録
  • 最優秀防御率:4回 (1985年、1987年、1993年、1999年)
  • 最高勝率:3回 (1987年、1991年、1993年)
  • 最多奪三振:2回 (1996年、1999年)
  • MVP:2回 (1993年、1999年)
  • 最優秀投手:1回 (2000年)
  • ベストナイン:3回 (投手部門:1987年、1993年、2000年)
  • ゴールデングラブ賞:3回 (投手部門:1994年、1995年、2000年) ※投手では史上唯一となるセ・パ両リーグでの受賞
  • 月間MVP:1回 (投手部門:1991年4月)
  • JA全農Go・Go賞:1回 (最多奪三振賞:2002年5月)
  • 日本シリーズMVP:2回 (1986年、1987年) ※2年連続受賞は長嶋茂雄、堀内恒夫に次いで史上3人目
  • 日本シリーズ優秀選手賞:2回 (1991年、1999年)
  • 最優秀バッテリー賞:2回 (1991年、捕手:伊東勤、1999年、捕手:城島健司)
  • 正力松太郎賞:2回 (1987年、2015年) ※現役選手・監督での両受賞は王貞治、秋山幸二に次いで史上3人目
  • IBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞:1回 (1999年)
  • パ・リーグ最優秀監督賞:1回 (2015年)
  • 野球殿堂競技者表彰 (2016年)
  • ヤナセ・ジャイアンツMVP賞:1回 (2004年)
  • 新語・流行語大賞 流行語部門金賞 (1986年、「新人類」、清原和博・渡辺久信と共同で受賞)
  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞 in 「プロ野球部門」 (2009年)
  • ビッグスポーツ賞 スーパーベースボール賞 (2011年)

工藤公康監督は現役時代は14度の優勝、11度の日本一を経験しております。

西武、ダイエー、巨人の3球団で日本シリーズを制覇し、優勝請負人と呼ばれ、日本シリーズ通算最多奪三振記録を保持し、歴代13位となる213勝を挙げた名投手でした。

歴代最多の29年という活動期間が示す通り、健康管理に気を配る選手でしたし、晩年は輝かしい成績に似合わず戦力外通告や移籍を繰り返し、自由契約となった2011年には獲得してくれる球団が現れるのを待ちながらトレーニングを続ける浪人生活も行いました。

その時、プロゴルファーである娘の工藤遥加さんと一緒にトレーニングする姿も話題となりましたね!

2015年より福岡ソフトバンクホークスの監督を務めております。

名選手が名監督になるとは限らないので、どうなるかと注目を集めましたが、4年の活動で2度のリーグ制覇と3度の日本一に輝くなど、ソフトバンクホークスの弱点ともされた短期決戦への弱さも振り切り、優勝請負人としての活躍を監督としても十二分に果たしています!

森浩之ヘッドコーチの経歴や実績(背番号86)

  • 名前:森 浩之(もり ひろゆき)
  • 生年月日:1965年2月4日 年齢54歳(※2019年11月時点)
  • 出身:大阪府泉南市
  • 身長・体重:177 cm・80kg
  • 出身校:PL学園高等学校-東洋大学
  • 選手時代の所属チーム:南海ホークス,福岡ダイエーホークス (1987 – 1991)

プロ野球通算成績

  • ポジション:捕手
  • 活動:4年(28試合出場)
  • 通算打率:.108
  • 本塁打数:2本
  • 打点:6
  • 盗塁:0

タイトル・記録

  • 特になし

森浩之ヘッドコーチは輝かしい成績の工藤公康監督とは対照的に4年間の1軍登録で28試合の出場と、選手として結果を残せませんでした。

しかし引退後はチームスタッフとして採用され、1993年から2002年までブルペン担当コーチされるなど、コーチとしてのホークスでのキャリアは随一になります。

Sponsored Links

佐久本昌広投手コーチの経歴や実績(背番号94)_配置転換

  • 名前:佐久本 昌広(さくもと まさひろ)
  • 生年月日:1974年7月15日 年齢45歳(※2019年11月時点)
  • 出身:沖縄県中頭郡読谷村
  • 身長・体重:176cm・84kg
  • 出身高校-社会人:久留米工業大学付属高等学校-大和銀行
  • 選手時代の所属チーム
    ①福岡ダイエーホークス (1996 – 2002)
    ②阪神タイガース (2003 – 2005)
    ③横浜ベイスターズ (2006 – 2007)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:投手
  • 活動:11年(183試合登板)
  • 防御率:4.67
  • 勝ち数:19勝
  • 負け数:24敗
  • 完投、完封:0、0
  • セーブ、ホールド:4セーブ、0ホールド

タイトル・記録

  • 特になし

コーチ歴

  • 福岡ソフトバンクホークス (2015 – )

佐久本昌広コーチは、1995年のドラフト4位で福岡ダイエーホークスに入団し、1年目から中継ぎを中心に一軍で活躍しました。

1999年には現在監督である、工藤公康選手に次ぐ左投手の先発2番手として期待されました。

開幕からローテーションに入ったものの、残念ながら不調で二軍落ち、終盤に復調し日本シリーズ第5戦に先発登板しました。

同年オフには、移籍した工藤の自主トレにも参加して鍛え直すなど、ポスト工藤の一番手として期待されました。

工藤公康監督との交流は、選手時代からあったようですね!

ダイエーホークス後は、阪神タイガース、横浜ベイスターズと渡り歩きますが、2014年11月8日に工藤が監督を務める福岡ソフトバンクホークスの三軍投手コーチに就任することが発表されました。工藤公康監督が呼び戻したのでしょうから、選手時代からかなり信頼していたのでしょうね。

森山良二投手コーチの経歴や実績(背番号92)_新任

  • 名前:森山 良二(もりやま りょうじ )
  • 生年月日:1963年7月20日 – 年齢56歳(※2019年11月時点)
  • 出身:福岡県北九州市
  • 身長・体重:183cm・84kg
  • 出身高校-大学-社会人:福岡大学附属大濠高等学校-北九州大学(中退)-ONOフーヅ
  • 選手時代の所属チーム
    ①西武ライオンズ (1987 – 1992)
    ②横浜ベイスターズ (1993 – 1995)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:投手
  • 活動:9年(86試合登板)
  • 防御率:4.21
  • 勝ち数:14勝
  • 負け数:15敗
  • 完投、完封:10、2
  • セーブ、ホールド:0セーブ、0ホールド

タイトル・記録

  • 新人王 (1988年)
  • 日本シリーズ優秀選手賞:1回 (1988年)

コーチ歴

  1. 横浜ベイスターズ (1996 – 1997)
  2. 西武ライオンズ (1998 – 2007)
  3. 福岡レッドワーブラーズ (2008 – 2009)
  4. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2010 – 2019)
  5. 福岡ソフトバンクホークス (2020 – )

森山良二コーチは、2019年まで楽天でコーチを務めましたが、2020年よりソフトバンクでコーチを務めることが発表されました。

選手時代は、最速143km/hの速球やパームボールに加え、カーブやスライダーを駆使したた投球で、制球が良くマウンド度胸の良さにも定評がありました。

プロでは新人王を獲得するなど活躍したが故障などの苦労も経験し、高圧的にならず後輩に好かれる性格だったようで、そういうところが長くコーチを務める要因なのでしょうね。

1988年のオープン戦で中日相手に好投した時、星野仙一監督が試合後のインタビューで「何であんな訳分からんピッチャーに抑えられるんや」とボヤいたことも話題になりました。

この事が同年日本シリーズ第4戦の完封へと繋がったそうです。

試合中ベンチに戻る度に中日ベンチを睨み付けていました。

なお、2011年にはコーチを務める楽天の監督に星野仙一さんが就任することになりますが、途中解任されることなどありませんでしたので、コーチとしての能力が非常に高かったのでしょう。

Sponsored Links

高村祐投手コーチの経歴や実績(背番号98)

 

View this post on Instagram

 

高村コーチ #rakuteneagles #楽天イーグルス #高村祐

さん(@sho_lab)がシェアした投稿 –

名前:髙村 祐(たかむら ひろし)
生年月日:1969年9月2日 50歳(※2019年10月時点)
出身:栃木県宇都宮市
身長:177cm
体重:82kg
出身校:栃木県立宇都宮南高等学校-法政大学
選手時代の所属チーム:大阪近鉄バファローズ (1992 – 2004).東北楽天ゴールデンイーグルス (2005)
通算成績
ポジション:投手
活動:14年(287試合登板)
防御率:4.31
勝ち数:83勝
負け数:102敗
完投、完封:32、10
タイトル・記録
新人王(1992年)
オールスターゲーム出場:2回 (1996年、1998年)

高村祐投手コーチは近鉄バファローズのエースとして活躍し、1996年、1997年、1998年と3年連続で開幕投手を務めました。

しかし開幕投手を務めるも負け越すシーズンが多く通算でも83勝、102敗と大きく負け越しております。

コーチとしては、東北楽天ゴールデンイーグルス (2007 – 2015)、福岡ソフトバンクホークス (2016 – )などコーチとして多くの経験を積んでおります。

立花義家打撃コーチの経歴や実績(背番号83)

・名前:立花 義家(たちばな よしいえ)
・生年月日:1958年10月27日 年齢61歳(※2019年11月時点)
・出身:福岡県大牟田市
・身長: 181cm
・体重: 92kg
・出身校:柳川商業高等学校
・選手時代の所属チーム:西武ライオンズ (1977 – 1991),阪神タイガース (1992),俊国ベアーズ (1993)※台湾のプロチーム
プロ野球通算成績
ポジション:外野手
活動:14年(通算1149試合出場)
通算打率:.262
本塁打数:51本
打点:1099
盗塁:33
タイトル・記録
特になし

立花義家打撃コーチは「左の原辰徳」と呼ばれ、卒業後の1977年に西武ライオンズに入団しました。

2年目の1978年、島原キャンプで臨時コーチを務めた松木謙治郎さんに「張本勲二世」と高く評価され、根本陸夫監督がレギュラーに抜擢、開幕戦で三番に座り「19歳の三番打者」として注目を集めました

注目された初年度はスタメンで活躍を続け124試合出場、打率.250、39打点、0本塁打と今後の成長が期待される、まずまずの成績を残しました。

また、1993年にはプロ野球出身選手としては珍しく、台湾の俊国ベアーズで1年プレーしております。

Sponsored Links

関川浩一打撃コーチの経歴や実績(背番号88)

※関川浩一コーチは、2020年より三軍打撃兼外野守備走塁コーチに配置転換することが発表されました。後任については、発表があり次第追記します。

・名前:関川 浩一(せきかわ こういち)
・生年月日:1969年4月1日 年齢50歳(※2019年10月時点)
・出身:東京都調布市
・身長:178cm
・体重:75kg
・出身校:桐蔭学園高等学校-駒澤大学
・選手時代の所属チーム:阪神タイガース (1991 – 1997),中日ドラゴンズ (1998 – 2004),東北楽天ゴールデンイーグルス (2005 – 2007)
プロ野球通算成績
ポジション:外野手、捕手
活動:17年(通算1408試合出場)
通算打率:.286
本塁打数:24本
打点:324
盗塁:91
タイトル・記録
ベストナイン:1回 (1999年)
JA全農Go・Go賞:1回 (強肩賞:2000年9月)
捕手シーズン最高守備率:1.000(1993年)
オールスターゲーム出場:2回(1995年、1999年)

関川浩一打撃コーチは、阪神タイガースで7年、中日ドラゴンズで7年、楽天イーグルスで3年と、3球団で活躍した選手になります!

阪神タイガースでは捕手としてシーズン最高守備率を記録、中日ドラゴンズと楽天イーグルスでは外野手として活躍し、ベストナイン選出や強肩賞獲得などポジションを変えても守備の名手として活躍しました!

コーチとしての経歴も下記のように多様で、引き出しの多さが期待されます!

東北楽天ゴールデンイーグルス (2008 – 2009)
SKワイバーンズ (2010)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2011)
阪神タイガース (2012 – 2015)
福岡ソフトバンクホークス (2016、2018 – )

本多雄一内野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号80)

・名前:本多 雄一(ほんだ ゆういち)
・生年月日:1984年11月19日 年齢34歳(※2019年10月時点)
・出身:福岡県大野城市
・身長:175cm
・体重:71kg
・出身校-社会人:鹿児島実業高等学校-三菱重工名古屋
・選手時代の所属チーム:福岡ソフトバンクホークス (2006 -2018 )
プロ野球通算成績
ポジション:二塁手
活動:13年 (通算1313試合出場)
通算打率:.276
本塁打数:15本
打点:347
盗塁:342
タイトル・記録
盗塁王:2回 (2010年、2011年)
ベストナイン:1回 (2011年)
ゴールデングラブ賞:2回 (2011年 ‐ 2012年)
JA全農Go・Go賞:1回 (好捕賞:2009年7月)
大野城市民スポーツ栄誉賞(2011年)
ヤナセ・福岡ソフトバンクホークスMVP賞:1回 (2010年)
オールスターゲーム出場:1回(2011年)

本多雄一コーチは走攻守を高いレベルで備えた選手でした。

なかでも最大の持ち味は走塁面で、プロ入り前の50メートル走のタイムが5秒9、一塁到達3.78秒を記録する俊足を誇りました。

2018年の引退までの通算盗塁成功率は76.2%と高く、2010年、2011年には盗塁王に2回輝いており、200打席以上立ったシーズンはすべて、「20盗塁以上」を記録しています!

若干33歳とコーチとして圧倒的に若い本多雄一コーチですが、2018年に首の痛みで満足のいくプレーができないということで引退してしまいました。

ソフトバンクホークスの機動力を長年支えた本多雄一コーチの活躍が楽しみです!

Sponsored Links

村松有人外野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号93)

・名前:村松 有人(むらまつ ありひと)
・生年月日:1972年12月12日 年齢46歳(※2019年10月時点)
・出身:石川県金沢市
・身長:177cm
・体重:78kg
・出身校:星稜高等学校
・選手時代の所属チーム:福岡ダイエーホークス (1991 – 2003),オリックス・バファローズ (2004 – 2008),福岡ソフトバンクホークス (2009 – 2010)
プロ野球通算成績
ポジション:外野手
活動:19年(通算1673試合出場)
通算打率:.277
本塁打数:18本
打点:393
盗塁:270
タイトル・節目の記録
盗塁王:1回 (1996年)
ベストナイン:1回 (1996年)
ゴールデングラブ賞:2回 (2003年、2004年)
月間MVP:2回(1995年9月、1996年6月)
JA全農Go・Go賞:1回 (好捕賞:2003年6月)
オールスターゲーム出場:3回 (1996年、2003年、2004年)

村松有人コーチは入団当時から俊足で知られ、1992年8月11日に一軍初出場、1993年に初盗塁を記録しました。

打撃が弱かった為、当初は完全に代走・守備要員でしたが、1995年に3割を超える高打率を残すと、高橋慶彦の指導で「塁に出たら間違いなく走る」と言われるほど積極盗塁に試み、規定打席未満ながら3割・32盗塁で1番打者に定着しました。

1996年は完全にレギュラーを獲得し、58盗塁で初の盗塁王を獲得、1997年にも42盗塁を記録するなど、村松有人コーチの機動力は当時のダイエー(現ソフトバンク)の武器の一つでした。

また、人間性も高く評価されており、真剣に練習に取り組む様子は選手時代、若手の手本となっていました。

2009年にソフトバンク移籍すると、代打・代走や守備固めでの出場が増える中で、普通の控え選手が7回前後から始めるウォーミングアップを4回から始めていました。

こういった姿勢が評価されたのか2014年よりソフトバンクホークスのコーチに就任しております!

吉鶴憲治バッテリーコーチの経歴や実績(背番号95)

・名前:吉鶴 憲治(よしつる けんじ)
・生年月日:1971年5月3日 年齢48歳(※2019年10月時点)
・出身:鹿児島県鹿児島市
・身長:174cm
・体重:75kg
・出身校-社会人:鹿児島商工高等学校-トヨタ自動車
・選手時代の所属チーム:中日ドラゴンズ (1993 – 1996),千葉ロッテマリーンズ (1996 – 2002)
プロ野球通算成績
ポジション:捕手、外野手
活動:10年(通算389試合出場)
通算打率:.236
本塁打数:9本
打点:59
盗塁:6
タイトル・記録
特になし

吉鶴憲治コーチは、1992年中日ドラゴンズへ入団しましたが、当時中村武志選手、矢野輝弘選手の壁が厚く3番手止まりで出番はほとんどなく、1996年途中に、内藤尚行選手・森廣二選手との交換トレードで与田剛選手と共に千葉ロッテマリーンズへ移籍しました。

移籍先の千葉ロッテマリーンズでは、チーム事情もあり1998年には初の開幕スタメンを勝ち取り、1999男まで1番手捕手をキープしたが、この2年チームは最下位に沈んでしまいました。

しかもその後は若手捕手の台頭があり、徐々に出番を減らし、2002年に選手を引退。

10年の1軍生活で、通算389試合の出場に留まっております。

2016年11月5日に福岡ソフトバンクホークスの3軍バッテリーコーチに就任し、 2018年より一軍バッテリーコーチに就任し、2019年はバッテリーコーチとして2年目を迎えます!

というわけで、2019年の福岡ソフトバンクホークスの監督やコーチの経歴や実績をまとめました!

2019年に日本シリーズ3連覇を達成した福岡ソフトバンクホークス!

しかし、リーグ優勝は埼玉西武ライオンズに許す、完璧とは言えないシーズンでしたので、2020年の活躍に注目です。

その他の球団のコーチの経歴や実績について知りたい方は、こちらもどうぞ。

広島 ヤクルト 巨人 Dena 中日 阪神
西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 楽天

最後までお読みいただきありがとうございました!