スポーツ

オリックスバファローズの2019年の監督やコーチ陣の経歴や実績まとめ!

olix Buffaloes

オリックスバファローズの2019年度の首脳陣(監督・コーチ)の現役時代の経歴や実績をまとめました!

西村徳文監督の経歴や実績(背番号77)

  • 名前:西村 徳文(にしむら のりふみ)
  • 生年月日:1960年1月9日 年齢58歳(※2018年12月時点)
  • 出身:宮崎県串間市
  • 身長・体重: 177cm・73kg
  • 出身高校-社会人:宮崎県立福島高等学校-鹿児島鉄道管理局
  • 選手時代の所属チーム:千葉ロッテマリーンズ (1982 – 1997)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:外野手・二塁手・三塁手
  • 活動:16年(1433試合出場)
  • 打率:.272
  • 本塁打数:33本
  • 打点:326
  • 盗塁:363

タイトル・記録

  • 首位打者:1回 (1990年)
  • 盗塁王:4回 (1986年 – 1989年)
  • ベストナイン:2回 (二塁手部門:1985年 外野手部門:1990年)
  • ゴールデングラブ賞:2回 (二塁手部門:1985年 外野手部門:1990年)
  • 正力松太郎賞:1回 (2010年)
  • 日本プロスポーツ大賞 功労賞 (2010年)
  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞 in 「プロ野球部門」 (2010年)
  • 串間市民栄誉賞 (2010年) ※同賞制定第1号となる受賞
  • オールスターゲーム出場:5回 (1985年、1987年、1988年、1990年、1993年)

監督・コーチ歴

  • 千葉ロッテマリーンズ (1998 – 2012)※2010~2012年は監督
  • オリックス・バファローズ (2016 – )※2019年より監督就任

プロ野球の監督には、現役時代に大活躍した人と、イマイチ活躍できなかった人がいますが、西村徳文監督は前者になります。

盗塁王を4年連続で獲得するなど、その圧倒的なスペードから現役時代の愛称は「走る将軍」でした。

その他にも、首位打者やベストナイン2回、ゴールデンクラブ賞は二塁手と外野で合計2回獲得しております。

千葉ロッテマーリンズ一筋で16年間の1軍生活を全うし、引退時には、ファンが作成した「ダイヤモンドのスピードランナー 疾風のように行け、走れ西村、16年間ありがとう」という横断幕が掲げられ、とてもファンから愛された選手ということが分かります。

引退後はそのまま千葉ロッテマーリンズのコーチに就任し、ボビー・バレンタイン監督時代にはヘッドコーチとして日本一を経験、ボビー・バレンタイン監督引退後には、監督に就任しております。

2016年からは、オリックスバファローズのコーチを務め,2019年シーズンより、監督に就任することが決定しました!

風岡尚幸ヘッドコーチの経歴や実績(背番号76)

  • 名前:風岡 尚幸(かざおか なおゆき)
  • 生年月日:1968年1月24日 年齢50歳(※2018年12月時点)
  • 出身:愛知県春日井市
  • 身長・体重:174cm・72kg
  • 出身高校-社会人:中部大学附属春日丘高等学校
  • 選手時代の所属チーム:オリックス・ブルーウェーブ (1986 – 1997),阪神タイガース (1998 – 2000)
  • プロ野球通算成績
  • ポジション:二塁手、遊撃手
  • 活動:9年(247試合出場)
  • 打率:.141
  • 本塁打数:0本
  • 打点:7
  • 盗塁:3

タイトル・記録
特になし

コーチ歴

  • 阪神タイガース (2001 – 2004)
  • 中日ドラゴンズ (2005 – 2010)
  • 阪神タイガース (2011 – 2015)
  • オリックス・バファローズ (2016 – )

風岡尚幸コーチは、西村徳文監督と異なり、9年の現役生活で247試合のみの出場、タイトルの獲得も無しと、あまり活躍できなかった選手になります。

しかし、現役引退後の2001年に阪神タイガースのコーチに就任すると、その後は現在まで4球団を渡り歩き、17年間もコーチを続ける、経験抜群のコーチになりました!

2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、4年ぶりにNPBウエスタン選抜の内野守備走塁コーチを務めますが、ミスが目立っていることから、三塁コーチとしての能力があまり評価されておらず、「壊れた信号機」と皮肉った表現をされるような事もありました。

Sponsored Links

田口壮野手総合兼打撃コーチの経歴や実績(背番号81)

  • 名前:田口 壮(たぐち そう、1969年7月2日 – )
  • 生年月日:1969年7月2日 年齢49歳(※2018年12月時点)
  • 出身:兵庫県西宮市
  • 身長・体重: 177cm・77kg
  • 出身高校-大学:兵庫県立西宮北高等学校-関西学院大学
  • 選手時代の所属チーム:オリックス・ブルーウェーブ (1992 – 2001),セントルイス・カージナルス (2002 – 2007),フィラデルフィア・フィリーズ (2008),シカゴ・カブス (2009),オリックス・バファローズ (2010 – 2011)※赤字はMLB

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:外野手、二塁手、遊撃手
  • 活動:12年(1222試合出場)
  • 打率:.276
  • 本塁打数:70本
  • 打点:429
  • 盗塁:87

タイトル・記録(プロ野球)

  • ベストナイン:1回 (1996年)
  • ゴールデングラブ賞:5回 (1995年 – 1997年、2000年、2001年)
  • 月間MVP:1回 (1998年9月)
  • JA全農Go・Go賞:1回 (強肩賞:2000年9月)
  • 出身地別東西対抗戦優秀選手:1回 (2000年)
  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞 in 「プロ野球部門」 (2010年)
  • オールスターゲーム出場:4回 (1995年 – 1997年、2001年)

通算成績(MLB)

  • ポジション:外野手、二塁手、遊撃手
  • 活動:8年(672試合出場)
  • 打率:.279
  • 本塁打数:19本
  • 打点:163
  • 盗塁:39
  • ハート&ハッスル賞 (2007年) ※チーム内での受賞。30球団から1人の最終受賞者には選出されず。ハート&ハッスル賞とは、メジャーリーグ同窓組合によって、フィールド上におけるプレーの評価だけでなく「価値・精神・伝統」を尊重し示した現役選手に対して表彰が行われる。

監督・コーチ歴

  • オリックス・バファローズ (2016 – )

田口壮コーチは、日本で守備の名手として活躍しただけでなく、メジャーでも長く活躍した数少ない日本人野手でしょう!

日本人の一流投手がメジャーで通用することは、最近では当たり前のようになっていますが、野手はまだまだ通用していません。

2018年現在、1000試合以上出場している日本人野手は、イチロー選手と松井秀樹選手のみで、日本のレジェンドクラスでなければ通用しない狭き門となっております。

そんな中、田口壮コーチ歴代4位となる672試合に出場し、2008年には所属したカージナルスがワールドシリーズを制覇するなど爪痕を残しました。※衆生数3位は青木宣親選手の759試合。

帰国後は、オリックスバファローズに所属し、右肩のケガなどがあり、2年プレーしたのち、2011年オフに戦力外通告を受け、よく2012年に現役引退しております。

高山郁夫投手コーチの経歴や実績(背番号73)

  • 名前:高山 郁夫(たかやま いくお)
  • 生年月日:1962年9月8日 年齢56歳(※2018年12月時点)
  • 出身:秋田県大館市
  • 身長・体重: 188cm・85kg
  • 出身高校-社会人:秋田市立秋田商業高等学校-プリンスホテル
  • 選手時代の所属チーム:西武ライオンズ (1985 – 1990),広島東洋カープ (1991 – 1994),福岡ダイエーホークス (1995 – 1996)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:投手
  • 活動:11年(92試合登板)
  • 防御率:5.16
  • 勝敗:12勝12敗
  • 完投、完封:6完投、1完封

タイトル・記録

  • 特になし

監督・コーチ歴

  • 愛媛マンダリンパイレーツ (2005)※独立リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス (2006 – 2013)
  • オリックス・バファローズ (2014 – 2015)
  • 中日ドラゴンズ (2016 – 2017)
  • オリックス・バファローズ (2018 – )

高山郁夫コーチは高校生の時に、日本ハムよりドラフト一位指名を受けていますが、それを断り、プリンスホテルで社会人選手として活動します。

入社後は右足の手術を受けて3年間をリハビリに費やし、1984年に西武の練習生となりました。

高校時代は最高149km/hの速球を投げましたが、手術後は球速が140km/hに届かず技巧派を目指し、1年目の1985年は初先発となった8月29日の対南海戦で完封勝利を挙げています。

投手としては、上記のように技巧派として活躍し、武器はカーブ、シュート、決め球はフォークボールでした。

Sponsored Links

平井正史投手コーチの経歴や実績(背番号72)

  • 名前:平井 正史(ひらい まさふみ)
  • 生年月日:1975年4月21日 年齢43歳(※2018年12月時点)
  • 出身:愛媛県宇和島市
  • 身長・体重: 183cm・92kg
  • 出身高校:愛媛県立宇和島東高等学校
  • 選手時代の所属チーム:オリックス・ブルーウェーブ (1994 – 2002),中日ドラゴンズ (2003 – 2012),オリックス・バファローズ (2013 – 2014)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:投手
  • 活動:21年(569試合登板)
  • 防御率:3.31
  • 勝敗:63勝、43敗
  • 完投、完封:3完投、2完封

タイトル・記録

  • 最優秀救援投手:1回(1995年)
  • 最高勝率:1回 (1995年)
  • 新人王 (1995年)
  • 最優秀バッテリー賞:1回 (1995年、捕手:中嶋聡)
  • 月間MVP:2回 (1995年6月、2003年9月)
  • ファイアマン賞:1回 (1995年)
  • IBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞:1回 (1995年)
  • カムバック賞 (2003年)
  • 優秀JCB・MEP賞:1回 (2003年)
  • サンスポMVP新人賞 (1995年)
  • オールスターゲーム出場:1回(1995年)

監督・コーチ経歴

  • オリックス・バファローズ (2015 – )

最速157km/hを記録した平井正史コーチは、若くしてストッパーに抜擢されました。

常時、150km/hを出すストレートに落差のあるフォークが持ち味です。

当時、平井正史コーチのボールは、「浮き上がる」「うなる」と打者に恐れられました。

新人王を始めとする多くのタイトルを獲得した1995年は、阪神淡路大震災があった年でもあり、「頑張ろう!神戸」とユニホームの肩に縫い付けて戦ったこの1995年のシーズンに入団2年目の平井正史コーチは、15勝、27セーブの大活躍でオリックスのリーグ優勝、日本一へ大貢献しております

下山真二打撃コーチの経歴や実績(背番号74)

  • 名前:下山 真二(しもやま しんじ)
  • 生年月日:1975年12月1日 年齢43歳(※2019年1月時点)
  • 出身:兵庫県加東郡社町
  • 身長・体重: 175cm・75kg
  • 出身高校-大学-社会人:兵庫県立社高等学校-立命館大学-日本生命
  • 選手時代の所属チーム:大阪近鉄バファローズ (2003 – 2004),オリックス・バファローズ (2005 – 2011)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:外野手
  • 活動:9年(556試合出場)
  • 打率:.260
  • 本塁打数:45本
  • 打点:166打点
  • 盗塁:13本

タイトル・記録

  • 特になし

コーチ歴

  • オリックス・バファローズ (2012 – )

下山真二コーチは、2007年~2008年シーズンにはオリックスバファローズの主力選手として100試合以上に出場し続け(2009年は99試合に出場)ました。

しかし2011年シーズンの8月17日のソフトバンク戦で右足を故障しました。

翌日には右足の肉離れと診断されていたが、8月29日に再検査を受けたところ右アキレス腱の部分断裂で全治6ヶ月と診断され、8月30日に手術を受けそのままシーズンを終えました。

残念ながらこのケガがキッカケとなり、同年11月11日に現役引退が発表されました。

下山真二コーチの選手時代の特徴は、長打を秘めた外野手で左投手に強いことが挙げられます。

Sponsored Links

勝呂壽統内野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号83)

  • 名前:勝呂 壽統(すぐろ ひろのり)
  • 生年月日:1963年9月23日 年齢55歳(※2019年1月時点)
  • 出身:千葉県船橋市
  • 身長・体重: 180cm・76kg
  • 出身高校-社会人:千葉県立千葉商業高等学校-日本通運浦和
  • 選手時代の所属チーム:読売ジャイアンツ (1988 – 1991),オリックス・ブルーウェーブ (1992 – 1996),近鉄バファローズ (1997 – 1999)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:遊撃手
  • 活動:12年(691試合出場)
  • 打率:.242
  • 本塁打:42本
  • 打点:107打点
  • 盗塁:34

タイトル・記録

  • 特になし

コーチ経歴

  • 大阪近鉄バファローズ (2000 – 2002)
  • 福岡ソフトバンクホークス (2003 – 2006)
  • 信濃グランセローズ (2007)※独立リーグ
  • 香川オリーブガイナーズ (2008)※独立リーグ
  • 読売ジャイアンツ (2009 – 2015)
  • 高知ファイティングドッグス (2016)※独立リーグ
  • オリックス・バファローズ (2017 – )

勝呂壽統コーチは、現役時代、3球団を渡り歩き12年の1軍生活で691試合に出場とまずまずの活躍でした。

打撃での成績は低調でしたが、守備固めでの出場が多いなど、守備で評価された選手になります。

また、独立リーグを始め、多くの球団でコーチとして活躍していますが、コーチとしてはノックが巧く、また真上にボールを打ち上げるという技を得意としています。(一方で、ベースコーチャーとしては、壊れた信号機という不名誉なあだ名もあります)

これはキャッチャーフライの捕球練習の際に行うもので、ボールをトスした後、バットを真上に向かって振り抜くことで、ボールをキレイに真上に打ち上げるのは非常に難しいです。

勝呂壽統コーチは一軍コーチ時代、この技で福岡ドームの天井に打球を当てたことが幾度もあるという逸話も残っています。

佐竹学外野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号75)

  • 名前:佐竹 学(さたけ まなぶ)
  • 生年月日:1974年10月27日 年齢44歳(※2019年1月時点)
  • 出身高校:北海道札幌市手稲区
  • 身長・体重: 178cm・77kg
  • 出身高校-大学:東海大学付属第四高等学校-東海大学
  • 選手時代の所属チーム:オリックス・ブルーウェーブ (1997 – 2004),東北楽天ゴールデンイーグルス (2005 – 2006)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:外野手、三塁手、一塁手、二塁手
  • 活動:10年(538試合出場)
  • 打率:.242
  • 本塁打:5本
  • 打点:78打点
  • 盗塁:11本

タイトル・記録

  • JA全農Go・Go賞好走塁賞(2006年3・4月)

監督・コーチ歴

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス (2007 – 2009)
  • オリックス・バファローズ (2011 – )

佐竹学コーチは、JA全農Go・Go賞好走塁賞での表彰などはありますが、10年間の1軍生活で538試合の出場に止まるなど、目立った活躍はできませんでした。

2004年のオフには、オリックスと大阪近鉄バファローズの合併に伴う選手分配ドラフトにより東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍し、球団の創成期のメンバーになります。

2006年のシーズンはまたしても不振に喘ぐようになり、シーズン終了直前に戦力外通告を受けたのを機に現役を引退、そのまま2007年から、東北楽天ゴールデンイーグルスのコーチとなっています。

Sponsored Links

鈴木郁洋バッテリーコーチの経歴や実績(背番号82)

  • 名前:鈴木 郁洋(すずき ふみひろ)
  • 生年月日:1975年5月23日 年齢43歳(※2019年1月時点)
  • 出身:福島県西白河郡西郷村
  • 身長・体重: 181cm・75kg
  • 出身高校-大学:仙台育英学園高等学校-東北福祉大学
  • 選手時代の所属チーム:中日ドラゴンズ (1998 – 2002),大阪近鉄バファローズ (2003 – 2004),オリックス・バファローズ (2005 – 2012)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:捕手
  • 活動:14年(501試合出場)
  • 打率:.185
  • 本塁打:3本
  • 打点:56打点
  • 盗塁:19
  • 盗塁阻止率(守備時):.192

タイトル・記録

  • JA全農Go・Go賞 (最多盗塁阻止賞:2011年8月)

コーチ歴

  • オリックス・バファローズ (2013 – )

鈴木郁洋コーチは、14年の長い1軍生活を送りますが、中日ドラゴンズ時代は、谷繁元信選手、近鉄バファローズ時代は2003年は、的山哲也選手や藤井彰人選手の強力なライバルの前に敗れてしまい、出場試合数は通算で501試合に止まってしまいました。

捕手としては、外角低めを中心にリードする事を基本に投手を導いており、安定したリードに定評がありました。

別府修作ブルペンコーチの経歴や実績(背番号90)

  • 名前:別府 修作(べっぷ しゅうさく )
  • 生年月日:1963年8月14日 年齢55歳(※2019年1月時点)
  • 出身:鹿児島県肝属郡田代町
  • 身長・体重: 177cm・70kg
  • 出身高校:鹿屋商業高等学校
  • 選手時代の所属チーム:阪急ブレーブス,オリックス・ブレーブス (1982 – 1989)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:捕手
  • 活動:2年(3試合出場)
  • 打率:- ※打席は1打席のみで、その打席も凡退。
  • 本塁打:-
  • 打点:-
  • 盗塁:-

タイトル・記録

  • 特になし

コーチ歴

  • オリックス・バファローズ (1997 – 2004, 2007 – )

別府修作コーチはわずか2年の1軍生活、しかも試合出場は3試合のみと、全くといってプロで活躍できませんでした。

しかし、引退後は球団に残り、1990年から1996年まではブルペン捕手、1997年から1999年までは一軍バッテリーコーチ補佐、2000年は二軍バッテリーコーチ補佐、2001年は一軍バッテリーコーチ補佐、2002年から2004年までは二軍バッテリーコーチ、2005年から2006年まではブルペン捕手、2007年は一軍ブルペンコーチ、2008年は一軍バッテリーコーチ、2009年は二軍ブルペン兼育成コーチ、2010年3月11日からは一軍ブルペンコーチを務めるなど、コーチとしては大ベテランになります。

2018年シーズンは4位と惜しくも、クライマックスシリーズ進出を逃したオリックスバファローズ。

監督を始め、多くのコーチ陣を変更した首脳陣には、2019年シーズンの巻き返しに期待がかかります。

その他の球団のコーチの経歴や実績について知りたい方は、こちらもどうぞ。

広島 ヤクルト 巨人 Dena 中日 阪神
西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 楽天

最後までお読みいただきありがとうございました!