スポーツ

広島東洋カープの2020年の監督やコーチ陣の経歴や実績まとめ!

Carp

広島東洋カープの2020年度の首脳陣(監督・コーチ)の現役時代の経歴や実績をまとめました!

3連覇を達成した2018年から1点、2019年はBクラス落ちとなってしまった広島東洋カープ。新監督の就任が発表されましたので、2020年度の首脳陣をまとめました!

佐々岡真司監督の経歴や実績(背番号88)

  • 名前:佐々岡 真司(ささおか しんじ)
  • 生年月日:1967年8月26日 年齢52歳(※2019年10月時点)
  • 出身:島根県那賀郡金城町
  • 身長・体重: 185cm・90kg
  • 出身高校-社会人:島根県立浜田商業高等学校-NTT中国
  • 選手時代の所属チーム:広島東洋カープ (1990 – 2007)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:投手
  • 活動:18年(570登板)
  • 防御率:3.58
  • 勝敗:138勝153敗
  • 完投、完封:66完投、17完封

タイトル・記録

  • 最多勝利:1回 (1991年)
  • 最優秀防御率:1回 (1991年)
  • MVP:1回 (1991年)
  • 沢村賞:1回 (1991年)
  • ベストナイン:1回 (投手部門:1991年)
  • 最優秀投手:1回 (1991年)
  • 月間MVP:6回 (投手部門:1990年9月、1991年5月、1991年9月、1996年6月、1999年5月、2000年4月)
  • 最優秀JCB・MEP賞:1回 (1991年)
  • 優秀JCB・MEP賞:2回 (1990年、1999年)
  • オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (1996年第3戦)
  • セ・リーグ会長特別賞:1回 (1990年)
  • セ・リーグ特別功労賞 (2007年)
  • 広島市民表彰(市民賞) (2008年)
  • ノーヒットノーラン:1999年5月8日、対中日ドラゴンズ戦
  • オールスターゲーム出場:5回 (1990年、1991年、1996年、1999年、2001年) ※2000年も選出されるも出場辞退

佐々岡真司新監督は、現役時代、沢村賞を始め、各種タイトルを獲得し、オールスターゲームにも5回出場した人気選手になります。

また、デビュー当時は先発・中継ぎ型の投手でしたが、1994年シーズンの後半からはチーム事情から抑えに転向。

2003年には再び先発型に戻りますが、全ての役割で大活躍した佐々岡真司投手コーチは、先発100勝かつ100セーブという江夏豊投手以来史上2人目の大記録を達成しました。

2019年までは投手コーチとしてチームを支えた佐々岡真司さんが監督になるという事は、3連覇を達成した強いカープを残しつつ、チームを変えていきたいという思いでしょうね!

高信二ヘッドコーチの経歴や実績(背番号71)

  • 名前:高 信二(こう しんじ、1967年4月16日 – )
  • 生年月日:1967年4月16日 年齢52歳(※2019年10月時点)
  • 出身:福岡県北九州市八幡東区
  • 身長・体重:176cm・72kg
  • 出身高校:福岡県立東筑高等学校
  • 選手時代の所属チーム:広島東洋カープ (1986 – 1998)
  • プロ野球通算成績
  • ポジション:内野手
  • 活動:11年(668試合出場)
  • 打率:.235
  • 本塁打数:3本
  • 打点:50
  • 盗塁:8

タイトル・記録
特になし

高信二コーチは、1985年のドラフト2位で広島東洋カープに入団し、守備の名手として活躍しました。

高い守備能力と比較して打撃は非力で通算本塁打は11年の選手生活でわずか3本しかありません、プロ初本塁打は大魔神こと佐々木主浩選手から放つなど、記憶に残る選手でもありました。

1998年に現役を引退しましたが、事前に引退の報道やセレモニーなどの予定はなく、試合終了後、電光掲示板で引退が発表されたのみでした。

それにも関わらず、広島市民球場の正面玄関には多くのファンが押し寄せ、高信二コーチの突然の引退を惜しんで名前を連呼していたというエピソードがあるそうです。

引退後はチームスタッフを経て二軍コーチ、2003年一軍コーチに就任。その後様々な役職を歴任、監督代行も務めました。2016年からは一軍ヘッドコーチに就任し2016年と2017年のリーグ連覇に貢献しました。緒方孝市監督は「判断に迷うような時、高さんいると安心できる」と語っています

Sponsored Links

廣瀬純外野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号75)

  • 名前:廣瀬 純(ひろせ じゅん)
  • 生年月日:1979年3月29日 年齢40歳(※2019年10月時点)
  • 出身:大分県臼杵市
  • 身長・体重: 181cm・85kg
  • 出身高校-大学:大分県立佐伯鶴城高等学校-法政大学
  • 選手時代の所属チーム:広島東洋カープ (2001 – 2016)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:外野手
  • 活動:15年(978試合出場)
  • 打率:.273
  • 本塁打数:51本
  • 打点:253
  • 盗塁:19

タイトル・記録

  • ゴールデングラブ賞:1回(2010年)
  • JA全農Go・Go賞「強肩賞」(2010年9月)
  • セントラル・リーグ特別賞(2013年)
  • オールスターゲーム出場:2回(2010年、2013年)
  • 15打席連続出塁※プロ野球記録

廣瀬純コーチも広島東洋カープ一筋15年の選手になります。

通算打率.273となかなかの高打率を残していますが、守備固め等の出場が多く、シーズン打席300を超えたのは、15年の中で3シーズンしかありません。

死球の多さが特徴の1つで、2011年にはリーグ最多の14死球を記録しました。

また2013年にプロ野球記録となる、15打席連続出塁を記録した際も、15打席の間に3つの死球を受けています

強肩で打球判断に優れた外野守備が強みで、2010年は9月までに9つの補殺を記録し、JA全農Go・Go賞9月度の「強肩賞」を受賞、シーズン終了までに外野手としてリーグ最多の10補殺を記録しています!

山田和利内野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号80)

  • 名前:山田 和利(やまだ かずとし、1965年6月3日 – )
  • 生年月日:1965年6月3日 年齢54歳(※2019年10月時点)
  • 出身:愛知県名古屋市中村区
  • 身長・体重: 178cm・82kg
  • 出身高校:東邦高等学校
  • 選手時代の所属チーム:中日ドラゴンズ (1984 – 1990),広島東洋カープ (1991 – 1995),中日ドラゴンズ (1996)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:内野手
  • 活動:8年(366試合出場)
  • 打率:.262
  • 本塁打数:22本
  • 打点:102
  • 盗塁:21

タイトル・記録
特になし

山田和利コーチは、現役時代は8シーズンの1軍生活で、366試合出場、100試合以上出場したシーズンは一度もありませんでした。

中日ドラゴンズから広島東洋カープに移籍し、1995年に故障のルイス・メディーナ選手に代わりファーストの定位置を獲得するなど、チームの2位躍進に貢献しました。

1996年に中日で星野仙一さんが監督に復帰すると、中日に復帰したが、故障によりその年限りで引退しております。

山田和利コーチの長男は俳優の山田裕貴さんということで、どんな方か調べてみました。

するとかなりイケメンな上、映画へも主演レベルで出演するなど、今注目の若手俳優のようです。下記の、乃木坂46の齋藤飛鳥さんがヒロインを務めることで話題になった作品にも出演しております!

山田裕貴さんが俳優を目指すきっかけに、父親を超す為、というものがあるようで、山田和利コーチはかなり尊敬された父親なのでしょう!

Sponsored Links

東出輝裕打撃コーチの経歴や実績(背番号72)

  • 名前:東出 輝裕(ひがしで あきひろ)
  • 生年月日:1980年8月21日 年齢39歳(※2019年10月時点)
  • 出身:福井県鯖江市
  • 身長・体重: 171cm・75kg
  • 出身高校:敦賀気比高等学校
  • 選手時代の所属チーム:広島東洋カープ (1999 – 2015)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:二塁手、遊撃手、三塁手
  • 活動:14年(1492試合出場)
  • 打率:.268
  • 本塁打:12本
  • 打点:262打点
  • 盗塁:143

タイトル・記録

  • ベストナイン(二塁手):2回(2008年、2009年)
  • A全農Go・Go賞:2回(好走塁賞:2001年4月 最多二・三塁打賞:2009年8月)
  • オールスターゲーム出場:4回(2006年、2008年 – 2010年)

東出輝裕コーチは50メートル走5秒7の俊足が持ち味で、高卒新人の1年目から出場を果たし、主に二塁手を守りました

新人時代は、打率が2割前後と、低めでしたが、10年目の2008年シーズンには.310と3割を超すなど、リーグを代表する選手となっておりました。

2013年に左膝の前十字靭帯を断裂し、戦線離脱。その後リハビリに励みますが、1度も1軍に戻れないまま2015年に現役引退しました。

迎祐一郎打撃コーチの経歴や実績(背番号91)

  • 名前:迎 祐一郎(むかえ ゆういちろう)
  • 生年月日:1981年12月22日 年齢37歳(※2019年10月時点)
  • 出身:佐賀県西松浦郡有田町
  • 身長・体重: 180cm・81kg
  • 出身高校:佐賀県立伊万里商業高等学校
  • 選手時代の所属チーム:オリックス・バファローズ (2000 – 2010),広島東洋カープ (2010 – 2014)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:外野手
  • 活動:13年(299試合出場)
  • 打率:.196
  • 本塁打:10本
  • 打点:40打点
  • 盗塁:13

タイトル・記録

  • 特になし

迎祐一郎コーチは、2000年に伊万里商高からドラフト3位でオリックスに入団しまいた。

’07年にはウエスタン・リーグで3冠王を獲得するなど、嘱望された長距離砲でした。

しかし、13年で299試合出場ということから分かるように、1軍には適応できず、スタメンを獲得することはできませんでした。

しかし、そんな迎祐一郎コーチは、その後リーグ3連覇を果たす、広島東洋カープのコーチに2015年から就任しています。その時の心境をインタビューで語っています。

「現役時代にコーチの方に対して『大した成績も残してないのに偉そうなことを言って』と思ったことがある。でもなんでそう思ったかと考えれば、選手への接し方や、ものの言い方から感じられるものだと思う。ダメなことはダメ、大丈夫なことは大丈夫。15年間、選手としてやらせてもらった中で接してきたコーチの方たちとのコミュニケーションの中で、こうだったらちょっと話しやすかったかなと思ったり、聞きやすかっただろうなというのはある」迎祐一郎コーチのインタビューより引用

迎祐一郎コーチは、成績を残せなかったコーチなりに、自分の立ち位置や、選手への接し方を考えたようです。

結果、若手選手を叱る嫌な役や、自身より年上で大人気選手ある新井選手へも指導を行うなど、広島東洋カープの3連覇を支えた重要なコーチの1人と評価されるようになりました。

Sponsored Links

横山竜士投手コーチの経歴や実績(背番号ー)

  • 名前:横山 竜士(よこやま りゅうじ )
  • 生年月日:1976年6月11日 – 年齢43歳(※2019年10月時点)
  • 出身:福井県勝山市
  • 身長・体重: 178cm・80kg
  • 出身高校:福井県立福井商業高等学校
  • 選手時代の所属チーム:広島東洋カープ (1995 – 2014)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:投手
  • 活動:18年(507登板)
  • 防御率:3.42
  • 勝敗:46勝44敗110ホールド17セーブ
  • 完投、完封:6完投、1完封

タイトル・記録

  • 特になし

横山竜士投手コーチは、前任の佐々岡真司さんが監督に昇格したのにあたり、2020年より新たに投手コーチに就任しました。

選手時代は、1997年に中継ぎでの起用ながら10勝を挙げ、ブレイクしました。

その後、1999年には先発として期待されましたが、ケガの為登板機会が激減。

その球威は完全には戻らい中、制球力と培った経験による駆け引きで2005年にセットアッパーとして復活。

2006年シーズンは永川-横山-ベイルとつなぐ「NYB」のリリーフトリオとして活躍しました!

けん制球の名手とし知られておりますので、その極意を選手に伝授するのも期待されるとこですね。

畝龍実投手コーチの経歴や実績(背番号78)

※2019年の情報になります。2020年のコーチは決まり次第追記します。

  • 名前:畝 龍実(うね たつみ)
  • 生年月日:1964年6月21日 年齢55歳(※2019年10月時点)
  • 出身高校:広島県安芸郡坂町
  • 身長・体重: 183cm・82kg
  • 出身高校-大学-社会人:広島県立広島工業高等学校-専修大学-NTT関東
  • 選手時代の所属チーム:広島東洋カープ (1989 – 1992)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:投手
  • 活動:3年(7試合登板)
  • 防御率:10.57
  • 勝敗:0勝、0敗
  • 完投、完封:0完投、0完封

タイトル・記録

  • 特になし

畝龍実投手コーチは、1988年ドラフト3位で広島入団しますが1軍での登板はわずか3年7試合の短命に終わります。

引退後は広島のスコアラーに就任し、2001年プロ野球コンベンション会議にて動作解析装置開発の功績を評され、各球団が選ぶ球団スタッフ賞を受賞しております。

動作解析のエキスパート」といわれており、高い分析能力に定評があります。

プロ野球12球団の中でも、スカウティング能力が高いと言われる、広島東洋カープのスカウトですから、畝龍実投手コーチの選手を見る目は相当高いと思われます!

Sponsored Links

植田幸弘バッテリーコーチの経歴や実績(背番号84)

※2019年の情報になります。2020年のコーチは決まり次第追記します。

  • 名前:植田 幸弘(うえだ ゆきひろ)
  • 生年月日:1964年7月27日 年齢55歳(※2019年10月時点)
  • 出身:和歌山県田辺市上秋津
  • 身長・体重: 176cm・81kg
  • 出身高校:和歌山県立南部高等学校
  • 選手時代の所属チーム:広島東洋カープ (1983 – 1993),西武ライオンズ (1994 – 1999)

通算成績(プロ野球1軍)

  • ポジション:捕手
  • 活動:11年(378試合出場)
  • 打率:.179
  • 本塁打:16本
  • 打点:55打点
  • 盗塁:3
  • 盗塁阻止数:57回
  • 盗塁阻止率:.419

タイトル・記録

  • 特になし

植田幸弘コーチは1982年オフに、ドラフト外で広島東洋カープに入団しました。

入団当初は、全盛期だった達川光男選手(ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞3回獲得の名捕手 )の控えとしてチームを支え、強肩とパンチ力のある打撃をしばしば見せていました

1993年シーズン終了後、鈴木哲千府との交換トレードで西武ライオンズに移籍。伊東勤選手の控えとしてチームを支えてきたが、1997年に左足靭帯を断裂してからは出場機会が減少し、1999年に現役を引退しました。

2008年から、広島のバッテリーコーチに就任と、10年以上の長きに渡って、広島東洋カープを支えています。

というわけで、2018年の広島東洋カープの首脳陣の実績や経歴についてまとめました。

ベースは2018年のままで、一部配置転換のみだけです。

2019年シーズンのセリーグ4連覇と、悲願の日本シリーズ制覇に期待がかかります!

その他の球団のコーチの経歴や実績について知りたい方は、こちらもどうぞ。

広島 ヤクルト 巨人 Dena 中日 阪神
西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 楽天

最後までお読みいただきありがとうございました!