言葉の意味

帰路につくの意味や使い方!例文や漢字の就く・着くはどちらが間違い?

先日、年配の方とメールをやり取りしていたところ、「無事、帰路に就きました」とご連絡を頂きました。

一瞬、”就く“はなんて読むんだろう?と考えてしまいました。

自分自身では、“帰路につく“という表現を使うことはなかなかないこともあって、あれ?”帰路に就く“って、”帰路に着く“じゃないのかなぁ?なんて、考えれば考えるほど、頭の中が大混乱。

よくわからなくなってきてしまったので、これを機に、”帰路につく“についてちゃんと調べてみたいと思います!

Sponsored Links

帰路につくの意味は?

まずは、“帰路”の意味を調べてみましたが、どの辞書も、拍子抜けするほどシンプルな解説でした。

・帰り道。帰途。(小学館 デジタル大辞泉)

・かえりみち。帰途。(小学館 新選国語辞典 第八版)

・帰り道。戻り道。(三省堂 大辞林 第三版)

・帰るとき通る道。戻り道。帰る途中。(角川学芸出版 類語国語辞典)

 

つまり、単純に”帰路“は帰り道のことなんですね。

では、“つく”はどうでしょうか?“つく”には、今度は逆にとてもたくさんの意味があり、どの意味か探すのが大変でしたが、例文から推測する限り、

・みずからある動作を始める。「帰路に―・く」「眠りに―・く」(小学館 デジタル大辞泉)

・ある状態に身を置く。「帰国の途に―」「眠りに―」(小学館 新選国語辞典 第八版)

 

というように、“その状態になる”ということが”帰路につく“の表現で使われる”つく“の意味だと思われます。

ですので、

帰り道+その状態になる⇒帰っている

というのが、“帰路につく”の意味になります。

帰路につくの正しい使い方や例文は?

なかなか自分では使うことの少ない”帰路につく“という表現、みんなは普通に使うのかな?と思って辞書を見ていたら、”帰路“の項目に≪文章≫という注意書き(角川学芸出版 類語国語辞典)があるのを発見しました。

≪文章≫とは”文章語“のことで、「文章を書くときに用いられる言葉。」(三省堂 大辞林 第三版)のことなのだそうです。

つまり、文章を書くときに主に使う言葉で、話し言葉としてはあまり使わないということなのですね。

”帰路“を使い慣れないのは私だけじゃないとわかって、ちょっとホッとしました。

逆に言うと、普段の話し言葉の中で「今から帰路につくからさ~」なんていう風に使うのは、不自然ってことになりますよね。

“帰路につく”の使い方としては、

・急ぎ足で帰路につく。

・足取りも軽く帰路につく。

 

そのほかに“帰路”を使った表現としては

・ゆるゆると帰路をたどる。

・脚力の及ぶ限り帰路を急ぐ。(以上4例文はいずれも 三省堂 てにをは連想語辞典 より)

 

という表現を見つけることができました。

 

ちなみに、「帰路を戻る」や、「帰路を帰る」といった表現は、“帰る”の意味が重複してしまうため、適切ではありません。

Sponsored Links

帰路に就く・着くのどちらが間違い?

次は、私の一番はじめの疑問、”帰路に就く“と”帰路に着く“どちらが正しいの?という点について調べていきます!

・・・・と書こうと思ったのですが、実はここまで何回か辞書をひくうち、必ず、”帰路につく“には”就く“の漢字が当てられ、”着く“としているものは一つもなかったことから、これは、”帰路に就く“が正解なのだ!と気付いてしまいました。

でもなぜ、”着く“ではなくて”就く“なのでしょうか?それぞれの意味の違いから考えてみたいと思います。

【着く】(三省堂 大辞林 第三版より)

  • ①移動していってその場所に至る。「九時には会社に-・く」 「手紙が-・く」
  • ②体の一部がある所に届いて触れる。 「プールの底に足が-・かない」
  • ③ある場所に身を置く。「席に-・く」

【就く】(小学館 新選国語辞典 第八版より)

  • ①ある立場・地位に身を置く。「王位に―」
  • ②ある状態に身を置く。「帰国の途に―」
  • ③ある人に従い、指導を受ける。「よいコーチに―」

こうやって意味を見てみると、【着く】の③と【就く】の②のどちらもが”帰路につく“の意味と合いそうですが、この二つには、「移動し終わって、その場所」に【着く】のか「今、移動している状態」に【就く】のかという違いがあります。

ちょっとわかりにくい説明になってしまったかもしれませんが、【着く】には動き終わって、動きがないというニュアンスがある一方、【就く】には「今も動いている、もしくは今もその状態にある」というニュアンスがあるので、”帰路につく“では”就く“の漢字をあてるのが適切だと言えるのではないでしょうか。

帰路と帰途は同じ意味?違いはあるの?

“帰路”と似た言葉に”帰途“があります。どちらも”就く“という表現と組み合わせて使う点でも同じですよね。”帰路”と”帰途“には違いがあるのでしょうか?

“帰途”を調べていくと、

・帰りみち。帰路。「帰途につく」(小学館 デジタル大辞泉)

・帰る途中。帰りみち。帰路。 「 -につく」(三省堂 大辞林 第三版)

 

と帰途の意味としてとして”帰路“が使われているため、”帰路“と”帰途“は同じ意味合いで使える、といってよいと思います。

また、類語例解辞典(小学館)では、

・「帰路」「帰途」は、「帰路につく」「帰途につく」の形で使われることが多く、帰るときに通る道、または帰る途中の意を表わす。

 

と、意味合いはほぼ同じだと解説しています。

しかし、“帰路”は「-を急ぐ」「-は陸路を選んだ」などの用法が自然な表現である一方、”帰途“でのそのような表現は不自然だと指摘しています。

ですので、”帰途“という言葉には”帰路“ほどの表現のバリエーションは無いと考えた方がよさそうです。

さらに、グーグルで”帰路“と”帰途“を検索してみると、“帰路”はヒット数が約 5,820,000 件で”ある一方、帰途“は約 1,210,000 件(2018年6月7日現在)と、”帰路“のほうが五倍近くのヒット数があることから、”帰路”の方がより一般的に使われている言葉と考えることできます。

Sponsored Links

帰路につくの類語は?

それでは、”帰路“には”帰途“以外にどんな類語があるのでしょうか?

  • 帰り/帰り道/帰途/復路 (小学館 類語例解辞典)
  • 帰り道/復路/家路 (角川学芸出版 類語国語辞典 より)

 

などが、あげられます。

どれも「帰り道」の意味ですが、ニュアンスは少しずつ違うことがわかりますね。

それぞれのニュアンスにあった使い分けができたら素敵ですね!

言葉の意味をネットで調べられている方も、会社や学校ではスマフォを使いづらいこともあるのではないでしょうか?そんな時は下記の電子辞書がオススメです。
タッチパネル式で、書いて検索することもできるので、読みが全く分からない漢字が出てきた時に重宝します。
また、電子辞書って、職場で使いたい時と家で使いたいことがあると思います。この電子辞書はとても軽量コンパクトなので、カバンに入れっぱなしでも気にならず、大変便利ですよ!

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!