言葉の意味

感嘆の意味や使い方の例文!感嘆詞や感嘆符の意味から類語も!

この前、久しぶりに新聞を読んだら、「客席からは感嘆の声が上がっていた」という一文がありました。

感嘆”って言葉、自分は使ったことないですし、SNSとかで見ることもない気がします。

感嘆”がどんな意味なのか、調べていきたいと思います!

Sponsored Links

感嘆の意味は?

早速、辞書で“感嘆”の意味を調べてみます!

・感心してほめたたえること。感じ入ること。(小学館『デジタル大辞泉』)

・すばらしいことだと喜びおどろくこと。(ベネッセ『ベネッセ国語辞典 電子特別編集版』)

・①感心してほめたたえること。

②なげき悲しむこと。(三省堂『大辞林 第三版』)

・よくやったものだ(こんなすばらしいものがあったのか)と感心すること。(三省堂『新明解国語辞典 第七版』)

とあります。

また、角川学芸出版『類語国語辞典』では“感嘆”は、

①心の中の感動を外に表すこと。

②褒めたたえること。

の二つのグループに属する言葉として分類されています。

さらに、『実用日本語辞典』によると、

≪感心・感動のあまり声やため息を漏らすさま。褒め称える様子を意味する表現。「嘆嗟」のように嘆き悲しむ意味もあるが昨今ではこちらの意味で用いられることは稀。≫

とあります。

今回調べた五つの辞書のうち、「なげき悲しむ」の意味を掲載しているのは一つだけだったことから考えても、現代社会で日常的に使う分には、ざっくり“感嘆”は「感動してたたえる」という意味とつかんでおくことが必要だと分かりました!

感嘆の正しい使い方の例文は?

では、“感嘆”は具体的にはどのように使えばいいのでしょうか?

辞書の例文には

・「あの熱意には-する」 「 -おくあたわず」(三省堂『大辞林 第三版』)

・「―の声をあげる」「熱意と努力に―する」(小学館『デジタル大辞泉』)

・「勇気と努力に―する。」「―これ久しゅうする」「-の声を放つ」「-おく能(あた)わず」(角川学芸出版『類語国語辞典』)

・「―これ久しゅうする〔=つくづく感嘆する〕」(三省堂『新明解国語辞典 第七版』)

 

などが紹介されていました。少し難しいものもありますね・・・。

二つの辞書の例文として取り上げられていた、“感嘆おく能(あた)わず”の【おく能わず】は、少し古めかしい表現ですが「〇〇せずにはいられない」「〇〇するのをやめられない」という意味です。

つまり、“感嘆おく能(あた)わず”は「感嘆せずにいられない」「感嘆をやめられない」といった意味と言えますね。

また、“感嘆これ久しゅうする”も複数の辞書で紹介されている表現ですが、【久しゅうす】というのは「長いこと〇〇する」という意味の言葉です。

ですので、“感嘆これ久しゅうする”とは「ずっと感嘆し続ける」といった意味ととれます。

つまり、“感嘆おく能(あた)わず”も感嘆これ久しゅうする”も共に、強い感動、称賛の気持ちを表す言葉と言えそうです。

少し、古い表現に目が向きましたが、現代的な使われ方としては

・聞き手の―の声

・しきりに―する

・―に近い驚き  (以上三例文 三省堂『てにをは辞典』より)

 

といった表現があります。

Sponsored Links

感嘆詞や感嘆符の意味は?

“感嘆”ということばと共によく見かけるのが、“感嘆詞”“感嘆符”ということばですよね。

少し専門的な言葉のように感じますが、どんな意味なのでしょうか?

まずは【感嘆詞】の意味から調べてみたいと思います!

① 感嘆のあまり発する言葉。②⇒感動詞(かんどうし)  (小学館『デジタル大辞泉』)

① 感嘆して発する言葉。② 「感動詞(かんどうし)」に同じ。(三省堂『大辞林 第三版』)

とありましたので、続いて【感動詞】を調べると

・品詞の一。(中略)話し手の感動を表す「ああ」「おお」の類をはじめ、呼びかけを表す「おい」「もしもし」の類や、応答を表す「はい」「いいえ」の類(中略)間投詞。感嘆詞。(小学館『デジタル大辞泉』)

・品詞の一。感動詞は、一般に文のはじめにあって、感動・呼びかけ・応答などの意を表す。「まあ、きれいだ」の「まあ」、「もしもし、中村さんですか」の「もしもし」、「はい、そうです」の「はい」などの類。感嘆詞。間投詞。(三省堂『大辞林 第三版』)

と詳しく説明がありました。つまり、【感嘆詞】とは「感嘆したときに発することば」また、「文頭で“感動・呼びかけ・応答”の意味を持つことばの、品詞としての分類」ということですね。

では続いて【感嘆符】とは何のことでしょうか?

・エクスクラメーションマーク(三省堂『新明解国語辞典 第七版』)

・感嘆の気持ちを表す符号「!」。イクスクラメーションマーク。(小学館『新選国語辞典 第八版』)

・感嘆文の終わりに付ける「!」の符号。エクスクラメーションマーク。(三省堂『大辞林 第三版』)

つまり、【感嘆符】とは私たちがとてもよく使う、【!】マーク(いわゆる、ビックリマーク)のことだったのですね!!これにはとても驚きました!!!!!

感嘆の類語は?

感嘆の類語には

・詠嘆…感動を声に出すこと

・褒める

・たたえる

・称賛する

・賛美…心から褒めたたえること

・賛嘆…深く感心して褒めたたえること

・嘆じる…感心して褒めたたえること

・絶賛

(以上 角川学芸出版『類語国語辞典』より)

 

などがあげられます。

これらの類語を見ていくと【嘆】の字そのものに、「感心する」「褒めたたえる」の意味合いがあるようにも思えますが、辞書を引いてみると【嘆】という字そのものには、「なげく」「気落ちしてため息をつく」という意味しかない(角川書店『角川新字源』)のだそうです。少し、不思議だなと思いました。

Sponsored Links

感嘆の対義語は?

それでは最後に、“感嘆”の対義語を調べてみたいと思います!

“感嘆”は角川学芸出版『類語国語辞典』では≪称賛:褒めたたえること≫のグループに属していると、上の方でご紹介しましたが、このグループの反対とされるのが≪嘲罵(ちょうば):あざけののしること≫の意味を持つ言葉のグループです。このグループには

貶す(けなす)…値打ちがないかのように悪く言う

謗る(そしる)…人を悪く言っておとしめる

罵る(ののしる)…乱暴に卑しめて言う。大声で非難する

 

などの言葉があります。

ですので、これらの言葉は感嘆の類義語と考えられます!

 

それでは、長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!