漫画

異世界迷宮でハーレムを2巻のネタバレやあらすじ!感想から伏線や今後の展開の予想も!

異世界迷宮でハーレムをのネタバレ

 

2018年4月発売の作品『異世界迷宮でハーレムを2巻』(漫画:氷樹一世,原作:蘇我捨恥ン,キャラクター原案:四季童子)のネタバレやあらすじ、感想や今後の展開の予想についてまとめました!

異世界迷宮でハーレムを2巻のネタバレやあらすじ!

迷宮探索・盗賊退治と命懸けで金策した道夫は、ついに「ロクサーヌ」購入資金を手に入れる。再び商館を訪れた道夫は無事「ロクサーヌ」の所有者となり、初夜を迎えるべく自分の宿に向かうのだった!?
引用元:Comic Waker HP

2巻は、主人公の道夫(みちお)が、ロクサーヌ購入資金を貯める為に、訪れたダンジョンでのピンチのシーンから始まります。

異世界迷宮でハーレムをのネタバレ2

これらのシーンを見れば分かるように、異世界転生漫画に付き物のチートアイテムを持っている主人公ですが、圧倒的なスキルではない為、初期ダンジョンの敵にもかなり苦戦します

異世界迷宮でハーレムをのネタバレ3

しかし、苦境を乗り越えることで、レベルアップし、確実に道夫は成長していきます。こういったお金を貯める為に苦労するところが丁寧に描かれているのは面白いですね!

異世界迷宮でハーレムをのネタバレ4

このような感じでお金集めにはかなり苦労する道夫ですが、持ち前の賢さで、命からがらロクサーヌ購入資金をGetします。

お金を得た道夫はもちろん、すぐに奴隷館に行き、ロクサーヌを購入。

ここでは、特に変な展開になることもなく、順当にロクサーヌを奴隷として手に入れることに成功します。(買えるという状況になってから、無駄に焦らす漫画も多いので、普通に手に入れることができる漫画は安心しますね)

異世界迷宮でハーレムをのネタバレ5

奴隷としてのロクサーヌを手に入れた道夫は、ロクサーヌに異世界での常識を教えてもらいながら一緒に行動します。

奴隷といいながらもロクサーヌは教養があり道夫に適切なアドバイスをしつつも、ロクサーヌとの夜の営みに思いを馳せる道夫は、時々、ロクサーヌを抱きしめたりします

異世界迷宮でハーレムをのネタバレ6

こういった、初めの夜までの行いが丁寧に描かれていて、かなり面白いです!

そしてこの後、ロクサーヌとの初夜の営みが、R18の漫画ではないのかと思うほど濃厚に描かれています

ロクサーヌとの初夜を経た後、二人でダンジョンへの冒険に踏み出そうというところで、2巻は終わりになります。

異世界迷宮でハーレムを2巻の感想!

漫画のタイトルにハーレムとあるのに、2巻の途中でようやく1人目のヒロインをGetしました。

しかし、決して展開が遅いということはなく、異世界でのルールを把握する苦労や、モンスターと戦うシーンや苦労などが丁寧に描かれていて、かなり感情移入して読むことができ、面白かったです!

しかもロクサーヌとの初夜の営みは、かなりのページ数を割いて描かれており、またその絵も、影の描きこみなども丁寧で、とても高いクオリティで描かれております!

そして、主人公もロクサーヌどちらもかなり魅力的な人物として描かれていますので、初夜が過ぎたから、すぐに”次のヒロインは?”となるのではなく、2人の関係はこの後どう変わっていくのだろうと、登場人物の変化に興味を持ってしまうほどです!

完全に大人向けの漫画で、濃厚な性描写はありますが、登場人物に共感でき、とてもニヤニヤしながら読んでしまう、とてもオススメの漫画でした!

異世界迷宮でハーレムを2巻の伏線や今後の展開の予想!

今後の展開としては、初夜を経た2人の関係がどう変化するかに注目です!

また、この漫画では、倒すべき敵がいるわけではないですが、払う必要のある税金の額が多い設定で、税金を払えないと、奴隷に落とされてしまうようですので、当面は安定した生活を送る為のお金集めが続くと思われます。

他のヒロインについては、ハーレムを目指す漫画ではありますので、2人目のヒロインは登場するでしょうが、まずはロクサーヌとの関係を深めるような展開が続くでしょう!

最近、電子書籍を扱うサイト、music.jpで”異世界迷宮でハーレムを”の取り扱いが始まり、30日間の無料トライアルで漫画を実質無料で読むことができるようです!

トライアル期間で解約すれば料金は発生しませんし動画も見ることができるので、興味のある方はこちらのサイトをを確認してみみてください。

music.jpで好きな漫画を無料で読む

music.jpは、電子書籍ですので紙の漫画よりも値引かれていることが多いうえに、漫画購入時は常に10%ポイント還元されますので、電子書籍で漫画を集めたい人にはかなりオススメです!

1巻3巻4巻の情報を知りたいかたはリンクをクリックください。

最後までお読みいただきありがとうございました!