テレビ

山中俊治(デザインエンジニア)のプロフィールは?作品や妻について!

山中俊治 デザインエンジニア

デザインエンジニアの山中俊治さんが、NHKの番組”SWITCHインタビュー 達人達”に出演します!

山中俊治さんは、東京大学生産技術研究所教授を務め、過去には日産自動車での勤務や、日本グッドデザイン賞を受賞するなど日本デザイン界の第一線で活躍してきた方です!

今回はそんなデザインエンジニアである山中俊治さんについて詳しく調べてみました!

山中俊治(デザインエンジニア)のプロフィールや経歴は?

※写真左側が山中俊治さんです。

  • 名前:山中 俊治(ヤマナカ シュンジ)
  • 年齢:62歳 ※1957年生まれ
  • 出身:愛媛県
  • 学歴:東京大学工学部卒業
  • 経歴
    1982年、大学卒業後日産自動車デザインセンター勤務。
    1987年よりフリーのデザイナーとして独立し、腕時計から鉄道車両に至る幅広い工業製品をデザインする。
    1991年より94年まで東京大学助教授を勤める。1994年にリーディング・エッジ・デザインを設立。デザイナーであると同時に技術者として、ヒューマノイド・ロボットや両手親指キーボードを独自開発。ウィルコムW-SIMコアモジュールやNTTドコモの「おサイフケータイ」などの通信基盤技術の発展にも寄与している。Suica自動改札機の開発では、実験に基づいて認識率を飛躍的に向上させ、実用化のキーパーソンとなった。
    2008年より慶應義塾大学教授、2013年より東京大学教授。東京大学生産技術研究所の山中研究室では、アスリートのための美しい義足や、付加製造技術(3Dプリンティング)を使った生き物っぽいロボットなど、人と先端技術の未来を示唆するプロジェクトを推進している。
  • 受賞歴など
    ニューヨーク近代美術館パーマネントコレクション、Ars Erectronica STARTS、日本グッドデザイン賞(2006年には金賞とエコロジーデザイン賞を同時受賞)、 iF Design Award、毎日デザイン賞、Innovation Design Award (Red Dot)など受賞多数。

梅佳代さんは、高校卒業後、写真映像専門学校に入学。専門学校卒業後に、写真家として活動し始めました!

身近な人物たちを被写体に、日常風景を昭和のスナップ写真風に切り取った作品を発表するで、世界各国で展覧会を開催するなど、かなり評価された写真家のようです!

山中俊治(デザインエンジニア)の作品は?

山中俊治さんの気になる作品について、調べてみました!

この時計は、”ため息が出るほど美しい時計ですが、デッサンもまた美しすぎて倒れそうです。”とコメントされてました。本当に美しいデザインですね!

卒業生に送っているスケッチのようです。カラフルなイカですね。

山中俊治さんにとってのスケッチは、構造と造形の設計プロセスの痕跡でもあるようです。

その他、山中俊治さんのスケッチについてこちらの本にまとめられております。

 

Sponsored Links

山中俊治(デザインエンジニア)の妻について!

山中俊治さんの奥さんについて調べてみました!

奥さんは一般人のようですので、画像などは見つかりませんでしたが、山中俊治さんのインタビューで度々出てきますので、山中俊治さんに大きく影響を与えているようです。

僕は、妻に言われたんですよ。「昔を振り返るのはやめよう」って。「ノスタルジーという感情は自分の中で膨らむから、嫉妬とノスタルジーを育てるのはやめようね」と。

また、インタビューから奥さんは山中俊治さんの共同事業者でもあったことが分かりました。

ただ、その後35歳くらいでフリーランスに戻ったときにはまったく仕事がなかった(笑)。共同事業者の妻と毎日漫画を描いて暮らしていましたね(笑)。半年くらい経って貯金も苦しくなってきて、そこから少しずつ、東大で見てきた新しいテクノロジーとデザインの関わりのようなことをベースに活動してみようと考え始めました。

山中俊治さんの考え方ですが、あえて”私と妻”と書いているところに、奥さんと同じ考え方をして、一緒にやってきたという思いが伝わりますね。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!