Live News it!

風間晋の経歴や家族!年収や大学は?出身や評判についても!

Live News it

平日夕方のニュース番組”Live News it!”をフジテレビ解説委員を務める風間晋(かざま しん)さん!

元外務省の官僚で、豊富な海外滞在経験と知識やダンディなルックスを武器に、”直撃LIVE グッディ!””ユアタイム〜あなたの時間〜”などにも出演しておりました!

そんな風間晋さんについてどんな経歴を歩んできたのか気になったので調べてみました!

風間晋の経歴は?

  • 名前:風間 晋(カザマ シン)
  • 年齢:59歳~60歳※2019年時点(1959年生まれ)
  • 経歴:大学卒業後、外務省に入省し、ルーマニア赴任等8年間勤務する。1990年にフジテレビへ中途入社。報道局外信部でニューヨーク特派員、ワシントン支局長を務める。帰国後の、2009年から『ニュースJAPAN』編集長を2012年夏まで担当し、外信部長、編集委員などの要職をつとめる。2017年7月、報道局解説委員室解説委員。
    現在は、直撃LIVE グッディ!(水曜日)、Live News it!(月~金曜日)にフジテレビ解説委員として出演する。

外務省に8年間勤めた後、フジテレビに中途入社するという少し異色の経歴のようですね!

しかもインタビューによると、各局最終ニュースの番組の最後に職務経験者募集のスポット広告が出ていて応募してみようと思ったそうで、特にフジテレビに思いれたあったわけでないというのも興味深いですね。

現在もフジテレビ解説員として多くの番組に出演しておりますし、特にLive News it!では、番組の顔と言えるような立場です!

風間晋の家族構成は?

風間晋さんの家族について調べてみました!

かなりダンディな顔立ちで、官僚というエリートの風間晋さんですので、当然モテモテでしょう!

ただしタレントではなく、フジテレビ勤務のサラリーマンですから家族の情報は公表していませんでした。

しかし、風間晋さんについての下記のような記事を発見しました!

 家族が録画してくれたテレビニュースを帰宅後の深夜、まとめて見るのが日課で、「番組の最後に職務経験者募集のスポット広告が出ていて応募してみようと思った」。意外な転機を、屈託のない笑顔で語った。引用元:産経ニュース

この家族が録画してくれた、というのが奥さんが録画してくれたことだと思われます。

ですので、大学卒業後の8年間の官僚生活の間に結婚していたようです!

Sponsored Links

風間晋の年収は?

風間晋さんの年収はタレントではなく、フジテレビの社員ですので、正確な金額はもちろん公表されてはいませんので、フジテレビの平均年収から推定したいと思います。

ちなみに、風間晋さんが過去に勤めてきた、外信部長、編集委員がどれだけ偉いのかイマイチピンときませんね。

一般的に、会社の経営層や首脳陣と呼ばれる、本当の中枢を担うのは、会長(経営に関与されない方もいます)、社長、副社長、専務、常務、取締役といったところになります。

CEOなど呼び方は会社によって違いますが、上記は株式会社だったら、株主総会で任命される必要があるほど重い役職、正に重役です。

その次に来るのが、実務上のトップということで、これも呼び方は会社によってマチマチですが、局長や部長、編集長などになります。

風間晋さんの過去の役職はここで、実務上のトップにあたりますので、当然、かなりの額を稼いでいます。

フジレビの平均年収は高給といわれるテレビ局だけあって高額の1442万円でした。

もちろんこれは、新入社員まで含めた平均値ですので、部長職の平均はもっと上で、約2500万円とされています。

風間晋さんは、その中でもテレビに出てコメンテーターの活躍をしていますので、部長職の中でも年収は高いと思われます。

以上より、風間晋さんの年収は2800~3000万円と予想します!

かなりの高額ですが、人気タレントのようにテレビ出演しまくっている風間晋さんですので、少し少ない印象でしょうか。

風間晋の大学や出身は?

風間晋さんが卒業した大学は早稲田大学のようです!

言わずとしれた、国内最難関の私立大学ですね。

その後、外務省官僚になっておりますので、風間晋さんは間違いなくエリートです。

出身は、新潟県でした!詳細は公表されていませんが、早稲田大学入学を機に、上京したのではないでしょうか。

Sponsored Links

風間晋の評判は?

報道番組に多数出演の風間晋さんの評判はどうなのでしょうか?

まず、風間晋さんの報道番組に対するスタイルについて、”Live News it!”のHPを調べてみました。

「六十にして耳順う」と言います。60歳で他人の意見に反発を感じず、素直に耳を傾けられるようになる(コトバンク)という孔子の境地です。
う〜む、私は全く無理ですね。人の言うことを鵜呑みにしない。
それってホント?と疑ってみる。斜めに視たら別の見え方がするのでは?と考える。
そんな記者生活でしたから。でもニュースは大好物で、面白がりです。
イット!では加藤さん、木村さんと一緒に、それってなかなか面白い話!をお伝えします。引用元:Live News it!HP

他人の意見を素直に受け入れず、自分なりに考える方のようですね!

ネットでの評判を調べましたが、コメンテーターとしての評価というよりは、ダンディな見た目に対する高評価が多く見つかりました!

私は風間晋さんのテレビをよく見ますが、論理的で分かりやすい説明をする方で、とても安心してみてられます!

現在、多くのレギュラー番組を持っていることから、高評価なのは間違いないでしょう!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!