スポーツ

梶原悠未のプロフィールや身長は?自転車競技の実力や動画!中学や母についても!

梶原悠未の自転車競技

自転車競技で東京五輪のメダル獲得が期待される梶原悠未(かじはら ゆうみ)さん!

中学生までは水泳をしていましたが、高校から自転車競技に転向。

高校2年で出場したジュニア全日本選手権ではロード・タイムトライアルで二冠を達成するなど、圧巻の成績を誇っております!

今回そんな、東京五輪でのメダルが期待される梶原悠未さんについて、プロフィールや身長、実力や競技動画、中学や母親など気になる情報を調べてみました!

梶原悠未のプロフィールや身長は?

  • 名前:梶原 悠未(かじはら ゆうみ)
  • 年齢:22歳 ※1997年4月10日
  • 出身:埼玉県和光市
  • 所属:筑波大学
  • 身長:155cm
  • 体重:56kg(2018年)
  • スポーツ歴
    1歳~中学生:競泳
    高校1年~現在:自転車競技

梶原悠未さんは、現役大学生の22歳になります。

低めの身長が気になりますが、155cmということで、ご覧のように安住アナや山形アナと並ぶと小さいことが良く分かりますね。(川合さんは圧倒的な大きさですが 笑)

これだけ小柄であっても、東京五輪のメダル候補というので驚きですね!

ちなみに幼いころから水泳をやっていた梶原悠未さんは、高校の時に教師の誘いで自転車競技をはじめたそうです。

梶原悠未の自転車競技の実力や動画!

梶原悠未さんの自転車競技の実力はどれほどなのでしょうか?

早川優衣さんは、海外含め、かなり多くの大会に出場しているようで、全てを確認できているかはわかりませんが、調べられた限りの大会の結果は下記のようになります!

2014年(高校2年時)

  • ジュニア世界選手権自転車競技大会・ポイントレース 2位
  • 全日本選手権ロードレース・女子ジュニア + U-17 優勝

2015年(高校3年時)

  • ジュニア・アジア自転車競技選手権大会ポイントレース 優勝
  • 団体追い抜き 優勝(+ 鈴木奈央、橋本優弥、古山稀絵)
  • 個人追い抜き 優勝
  • 個人ロードレース 優勝
  • 個人タイムトライアル 優勝
  • ジュニア世界選手権自転車競技大会トラックレースポイントレース 2位
  • 団体追い抜き 3位
  • 世界選手権自転車競技大会ロードレースジュニア女子ロードレース 4位

2016年(大学1年時)

  • 全日本選手権個人タイムトライアル 2位

2017年(大学2年時)

  • UCIトラックワールドカップ 第2戦 女子チームパーシュート3位(日本チームの一員として参加)
  • UCIトラックワールドカップ 第3戦 女子オムニアム 優勝 金メダル(全4種目1位の完全優勝)日本の女子自転車競技選手として、オリンピック・世界選手権・ワールドカップの自転車競技全種目を通じて、史上初の金メダル。
  • UCIトラックワールドカップ 第4戦 女子オムニアム 優勝 金メダル

2018年(大学3年時)

  • 全景贵州女子国际公路自行车赛 (Panorama Guizhou International Women)  ポイント賞(第2、4、5ステージ優勝)
  • 全日本選手権個人タイムトライアル 優勝

2019年(大学4年時)

  • The 60th Anniversary Thai Cycling Association  総合優勝(第2ステージ優勝)

ということで、高校から自転車競技を始めて、わずか1年dね全日本選手権ロードレース・女子ジュニア優勝など信じられない成績ですね!

UCIトラックワールドカップ、The 60th Anniversary Thai Cycling Associationなど国際的な舞台でも優勝経験を持っているのも頼もしいですね!

梶原悠未さんが、自転車競技を行う動画はこちらになります。


Sponsored Links

梶原悠未の出身中学や高校は?

梶原悠未さんの出身校は公表されていました。

  • 埼玉県和光市立第五小学校 卒業
  • 埼玉県和光市立第三中学校 卒業
  • 筑波大学付属坂戸高等学校 卒業
  • 国立筑波大学附属坂戸高校 卒業

高校までは地元の埼玉県和光市の学校に通い、高校からは茨城の筑波大学に進学したようですね。

梶原悠未の母親について!

梶原悠未さんの活躍を支える母親について調べてみました!

梶原悠未さん母親はメディア出演にも積極的なようで、下記のようにテレビ番組に出演しておりました。

実は、梶原悠未さんは1歳のころから続けていた水泳も、習い事といったレベルではなく本気でやっていたそうです。

中3の全国中学校選手権関東大会2位で全国大会に進めず、五輪を目指すのは難しいという立ち位置を思い知らされたこともあったそうです。

悔しさで泣きながら過ごしていたが、母・有里さんの「神様が何か重要なことを伝えているんじゃないの?」という言葉で、別な競技で五輪を目指す道に目が向いたとインタビューで答えておりました。

母親の言葉が大きな励みになっているようですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。