テレビ

佐瀬守男築地銀だこ社長の年収や経歴は?年齢や学歴から出身についても!

CEO、社長

佐瀬守男(させ もりお)築地銀だこ社長が、”坂上&指原のつぶれない店”に出演します。

たこ焼きチェーン店として、圧倒的な存在感を誇る、築地銀だこ社長について調べてみました。

佐瀬守男築地銀だこ社長の年収は?

佐瀬守男築地銀だこ社長の年収はいくらなのでしょうか?

築地銀だこは、佐瀬守男社長が立ち上げた、株式会社ホットランドの事業で資本金16億円超え、国内店舗数は300店舗越え、海外にも香港、上海、台湾、タイ、シンガポールに出店するなどの規模を誇っています。

上場企業ですので、役員報酬が1億円を超える方は有価証券報告書を調べれば、詳しい金額が分かります。

調べてみましたが、佐瀬守男社長の年収は公開されておらず、代わりにホットランドの役員報酬が5人で1億円ほどということがわかりました。

佐瀬守男社長がトップですので、取り分は少し多いと思われますので、佐瀬守男社長の年収は4~5千万円ほどと推定します!

佐瀬守男築地銀だこ社長の経歴は?

佐瀬守男社長の経歴を調べてみました。

  • 東京YMCA国際ホテル専門学校卒業
  • 25歳で焼きそば店を開業後、たい焼き、今川焼、おむすび、アイスクリームなどさまざまな業態に手を広げるが失敗、1億円の借金まで背負う。
  • 1997年、群馬県新田郡笠懸町(現・みどり市)にて、たこ焼店・築地銀だこをオープン。
  • 1997年、群馬県新田郡笠懸町(現・みどり市)にて、たこ焼店・築地銀だこをオープン。
  • 1999年、銀座に築地銀だこ本店をオープン。
  • 2003年、鎌倉山あずき茶屋1号店をオープン。バンダイと提携して、卓上ゲーム「くるくるタコポン!」を発売。
  • 2004年、香港に築地銀だこ香港1号店をオープンし、本格的に日本国外へ進出。
    やきとりのほっと屋・広島焼鉄人・田舎そばふるさとなどの店舗を展開している。
  • 2011年、宮城県石巻市に、復興応援としてホット横丁石巻をオープン。東日本大震災の復興応援として本社を石巻に移す。
  • 2014年東証マザーズ上場、15年9月東証一部に昇格した。

東日本大震災の復興応援として本社を石巻に移し、インタビューで”ボランティアができない人に「築地銀だこ」はできない”と答えるなど、佐瀬守男社長は、社会に貢献する意識が強いようですね!

Sponsored Links

佐瀬守男築地銀だこ社長の年齢は?

佐瀬守男社長の生年月日を調べたら、1962年10月16日 ということが分かりました。

年齢でいうと社長就任の2019年5月現在、56歳のようです。

佐瀬守男築地銀だこ社長の学歴は?

佐瀬守男社長の学歴は先ほども書きましたが、東京YMCA国際ホテル専門学校を卒業しています。

ホテル学校卒業の社長というのは少し異色ですが、接客業の基本となるお客様対応をホテル学校で習ったのではないでしょうか?

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました!

様々な企業の社長について調べましたので、気になる方は、こちらを確認してください。

あわせて読みたい
CEO、社長
有名社長の年収はどれくらい?大企業や注目企業の一覧! 連日のように発表される、新社長・取締役就任のニュース。 大企業のものだけでもかなりの数になります。 そんな大企業の社...