がっちりマンデー!!

佐藤敏彦シチズン時計社長の経歴や年収は?学歴や出身についても!

CEO、社長

シチズン時計社長の佐藤敏彦(さとう としひこ)さんが、がっちりマンデーに出演します!

年間売り上げ3,216億以上を稼ぎ出す、日本を代表する時計メーカーの社長に今年から就任した佐藤敏彦さん!

どんな方なのか詳しく調べてみました!

佐藤敏彦シチズン時計社長の経歴は?

シチズン時計社長の佐藤敏彦さんの経歴を調べてみました。

  • 1981年(昭和56年)4月 – シチズン時計入社
  • 2009年(平成21年)8月 – シチズン時計開発部長
  • 2012年(平成24年)4月 – シチズンファインテックミヨタ株式会社(現、シチズンファインデバイス株式会社)代表取締役社長
  • 2015年(平成27年)6月 – シチズン時計取締役
  • 2016年(平成28年)4月 – シチズン時計生産統括、製品開発事業部長、品質保証部担当
  • 2016年(平成28年)10月 –シチズン時計開発本部長、品質保証部担当
  • 2017年(平成29年)4月 – シチズン時計マニュファクチャリング株式会社代表取締役社長
  • 2017年(平成29年)6月 – シチズン時計常務取締役
  • 2018年(平成30年)4月 – シチズン時計専務取締役
  • 2019年(平成31年)4月 – シチズン時計代表取締役社長

ということで、佐藤敏彦社長は、シチズン時計一筋の方のようですね!

こういった方が大企業の社長になるのは、サラリーマンとして嬉しいです。

佐藤敏彦シチズン時計社長の年収は?

日本を代表する時計メーカーの社長、佐藤敏彦社長の年収はどれくらいなのでしょうか?

シチズン時計は上場企業ですので、年収が1億円を超えていれば、有価証券報告書に報酬額が記載されます。

シチズン時計の有価証券報告書を調べたところ、連結報酬の総額が1億円を超えたものはいないと記載されていました。

次に、役員報酬の総額を調べたところ、12人の取締役で2億3,600万円の役員報酬ということが記載されていました!

単純平均で、一人当たりの年収は1,967万円ということです。

当然、社長である佐藤敏彦社長の年収は平均より高いでしょうから、佐藤敏彦社長の年収は3~4千万円ほどと推定します!

Sponsored Links

佐藤敏彦シチズン時計社長の学歴から出身は?

佐藤敏彦社長の学歴や出身を調べました!

1981年3月に北海道大学工学部卒業、出身は北海道枝幸郡歌登町本幌別ペヤマン番外地のようです。

年齢は、1955年(昭和30年)11月16日生まれですので、2019年6月現在、63歳です!

佐藤敏彦社長は学生のころは貧乏だったようで、アルバイトをしながら予備校に通い、2浪の末、大学に合格。

そのころは4時間以上寝たことはなかったそうです。

大学進学後も、学費が払えなくなり、1年間休学して給料が良かった防水工事の仕事をして学費と生活費を払うなど、かなり苦労してきたようです。

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました!

様々な企業の社長について調べました!

あわせて読みたい
CEO、社長
有名社長の年収はどれくらい?大企業や注目企業の一覧! 連日のように発表される、新社長・取締役就任のニュース。 大企業のものだけでもかなりの数になります。 そんな大企業の社...