テレビ

井筒慎一(バイオリン製作者)のプロフィールや経歴は?注文方法も!

井筒慎一(バイオリン製作者)のプロフィール

バイオリン生誕の地・クレモナでの勝負を制するなど、品質の高さが注目される井筒慎一さんが製作するバイオリン!

正に日本の職人のものづくりが世界に通用していることを示したわけですが、そんなバイオリン製作者の井筒慎一さんがどんな方なのか詳しく調べてみました!

井筒慎一(バイオリン製作者)のプロフィールや経歴は?

  • 名前:井筒 信一(いづつ しんいち)
  • 年齢:83歳or84歳 ※1936年生まれ
  • 出身:長野県
  • 経歴
    木地師の父のもとで修行し20歳でバイオリン製作の道へ進む。「スズキメソード」の創設者である鈴木鎮一の弟、鈴木士郎のもとで11年修行した後長野県松本市に工房をかまえる。
    ニューヨークを拠点に活躍する天才ヴァイオリニスト五嶋龍がデビューコンサートで使用したヴァイオリンの制作をはじめ、素材と自らの技術を生かし、日本人ヴァイオリン職人としての誇りとともに旺盛な制作活動を現在も行なっている。

井筒信一さんは、父親のもとで修業し、バイオリン製作の道に進んだようです。

20歳から修業を始めているので、既に60年以上もバイオリン製作を続けているんですね!

井筒慎一(バイオリン製作者)の注文方法や金額は?

1億円超えという破格の金額を誇る、バイオリンの王者・ストラディバリウスと勝負に値するほどの井筒慎一さんのバイオリン!

注文方法について調べてみました。

弦楽器いづつという名前で、工房を開いているようです。

  • 弦楽器いづつ
  • 手工ヴァイオリン、ビオラ、チェロ製作・修理・調整
  • 0263-58-6712
  • (〒390-0823)長野県松本市大字中山3729※松本駅から車で15分
  • 営業時間:09:00~18:00
  • ♪ヴァイオリン教室・・・日曜日、月曜日 午前10:00~午後11:00
  • ♪チェロ教室・・・日曜日 午前10:00~午後7:00

弦楽器いづつは、長野県の松本駅から車で15分ほどのところにあるようです。

尚、気になる金額はバイオリン一台が30万円~200万円くらいになるそうです。

弦楽器いづつではバイオリンを“作る”教室も行っているようです。

材料や部品がセットされたものを購入し(35万円)、月に2回通って1年数か月かけて作るんだそうで、月謝が1万円、50万円くらいで完成するそうです。

これだけの楽器を作れる人物がテレビで知られましたので、教室の方もすぐに埋まってしまうかもしれませんん。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!