テレビ

林礼子メリルリンチ日本証券副社長の年収や経歴は?年齢や学歴から出身についても!

CEO、社長

米金融大手バンク・オブ・アメリカの日本拠点であるメリルリンチ日本証券の副社長に、林 礼子(はやし れいこ)さんが就任することが発表されました。

同時に社長に起用された笹田珠生さんとともに、女性社長、副社長の誕生が注目されています。

バンクオブアメリカは、240年以上の歴史を持つ、アメリカのメガバンクで、総資産は2兆ドル(約220兆円)を超える世界有数の企業です。

そんなメガバンクの、日本法人の副社長に就任した林礼子さんはどんな方なのでしょうか?

詳しく調べてみました。

林礼子メリルリンチ副社長の年収は?

メリルリンチ日本証券は、上場企業ではありませんので役員報酬は開示されておりませんでした。

しかし、ただでさえ高給と言われる、外資系投資企業の社長ですから林礼子さんの年収はかなり高いことが予想されます!

調査すると、メリルリンチの平均給与は役職によって以下の金額だと推定されていました。

■アナリスト:600~900万円程度
■アソシエイト:800~1200万円程度
■シニアアソシエイト:1100~1800万円程度
■バイスプレジデント:1700~2700万円程度
■ディレクター:2500~3600万円程度
■マネージングディレクター:3000~4800万円程度
引用元:フリーコンサル.com

やはり、普通企業の平社員にあたるアナリストでも600万円以上とかなり高給です!

また、メリルリンチ日本証券の財務情報を見ると、下記のようにトレーディングの利益だけでもかなり儲かっていることが分かります。

 株券等トレーディング利益は前年同期比290%増の16億85百万円となりましたが、債券等トレーディング利益が前年同期比
42%減の41億53百万円となり、トレーディング利益合計は、前年同期比35%減の63億7百万円となりました。引用元:メリルリンチ日本証券財務報告書

当然、林礼子副社長は、これだけの利益を出している企業の社長ですから、社員のトップのマネージングディレクターよりもかなり多くの金額を貰っていることが予想され、林礼子さんの年収は8千万円ほどだと推定します!

林礼子メリルリンチ副社長の経歴は?

笹田珠生新社長の経歴を調べてみました。

  • 大学卒業後、シティバンク入行。
  • 2000年メリルリンチ日本証券入社。
  • 2014年資本市場部門長就任
  • 2017年副会長就任
  • 2019年副社長就任

大学卒業後に、シティバンク入行とありますので、最初からアメリカの銀行で働いていたようですね!

2017年の副会長に就任してから、副社長に就任という少し変わった経歴のようですね。

Sponsored Links

林礼子メリルリンチ副社長の年齢は?

林礼子副社長の年齢は何歳なのでしょうか?

年齢の公表はありませんでしたが、1987年に大学院を卒業しているとの情報がありましたので、ストレートで24歳に大学院を卒業した場合、2019年5月現在、55歳ということになります。

林礼子副社長がプレゼンを行っている動画を発見しましたが、かなり要点を整理して話す、いかにも頭の良い女性といった感じですね!

年齢よりも若々しく見えます。

林礼子メリルリンチ副社長の学歴は?

林礼子副社長の学歴を調べてみました!

1987年(昭62年)に東大院教育社会学研究科修士課程を修了しているようです。

大学までは分かりませんでしたが、東大の大学院を修了しており、もちろん日本の最高学府と言われるエリート学校ですね!

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました!

様々な企業の社長について調べましたので、気になる方は、こちらを確認してください。

あわせて読みたい
CEO、社長
有名社長の年収はどれくらい?大企業や注目企業の一覧! 連日のように発表される、新社長・取締役就任のニュース。 大企業のものだけでもかなりの数になります。 そんな大企業の社...