テレビ

炎の体育会TVの箱根駅伝”神”ランナーのマスクマンの正体は誰?

箱根駅伝神ランナーマスクマン

7月6日放送の炎の体育会TVに出演する、箱根駅伝『神』ランナーのマスクマンの正体はいったい誰なのでしょうか?

トップアスリートが正体を隠して、実力派の子供と競う人気企画ですが、今回は箱根駅伝『神』ランナーが出場という事で、きっと学生時代に有名だったかただと思います!調べてみました。

炎の体育会TVの箱根駅伝”神”ランナーのマスクマンの正体は誰?

今回のマスクマンについて、動画の内容から事前にわかる情報は下記のとおりです。

  • 箱根駅伝”神”ランナー
  • 男性選手
  • 山下りスピードレースが得意(こちらはTV欄に記載されていた内容です)

箱根駅伝で神と言われていたランナーは、3人しかおらず、かなり限られます。

候補はこの3人になります。

柏原竜二

山の神と言ったときに一番に思い浮かぶのが、柏原竜二選手ではないでしょうか?

4年連続の区間優勝や、4年生の時の総合優勝の立役者になるなど圧倒的な成績を残しました。

アイドル好きで、SNSでも積極的に発信をしていたことから、度々ネットニュースでも取り上げられていましたね。

しかし、アキレス腱や仙腸関節など相次ぐ故障に悩まされ、2017年4月3日に27歳で現役引退していますので、今回のマスクマンではないと思われます。

神野大地

青山学院大学の神野大地選手も有名ですね!

2015年に行われた第91回箱根駅伝での神野選手の第5区間の駆け上がりが強烈でとて観戦者にインパクトを与えたため、3代目となる箱根駅伝山の神として日本全国から注目を集めました。

しかし、神野大地選手は既に体育会TVにマスクマンとして出ていますので、今回出場すると2回目の出場ですから少し、微妙なところです。

 

今井正人

初代「山の神」として名を残したのが、今井正人選手です!

順天堂大学で今井正人選手は大学在籍中の2004年から2007年まで毎年箱根駅伝に出場した経験を持ち、2年生の時から、第5区を担当し史上最多の他選手11人抜きを達成したことにより区間新記録を残しております。

3年生の時には往路優勝、最終4年生時には順天堂大学を総合優勝させ、3年連続で第5区間賞に輝いたことから初代「山の神」として名を残しました。

マスクマンの正体は今井正人?

3人の山の神の中で、引退している柏原竜二選手を除くと、やはり一度も出場していない今井正人選手が本命だと思われます!

 

もう一度番組のCMを良く見て頂くと分かるのですが、マスクマンの肌はかなり色白ですよね。

神野大地選手はこちらのように、少し日焼けが目立つ方です。

それに比べて、今井正人選手は、色白で、今回のマスクマンに近いように見えます。

というわけで、 炎の体育会TVの箱根駅伝”神”ランナーのマスクマンの正体は今井正人選手だと予想します!

※放送後追記、マスクマンの正体は小野田勇次選手でした。残念ながら、予想が外れてしまいました。

最後までお読みいただきありがとうございました。