テレビ

福田恵一(慶応大医学部教授)の経歴や受賞歴は?研究内容についても!

福田恵一(慶応大医学部教授)の経歴

iPS細胞から作った心臓の筋肉細胞を加工し、重い心不全患者の心臓に移植する計画を慶応大学の委員会が了承し、厚生労働省に実施の認可が下りれば、今夏にも移植手術を実施することが発表されました。

未来の再生技術とも呼ばれるips細胞を使ったこの研究を率いるのは、福田恵一慶応大学医学部教授です。

福田恵一慶応大学医学部教授がいったいどんか方なのか詳しく調べました!

福田恵一(慶応大医学部教授)の経歴は?

  • 名前:福田 恵一(ふくだ けいいち)
  • 出身:東京都足立区生まれ。小学校から大学卒業まで千葉県松戸市在住。
  • 年齢:62歳 ※1957年5月23日生まれ
  • 職業:慶應義塾大学医学部 内科学(循環器)教室教授
  • 経歴
    1983年:慶應義塾大学医学部卒業
    1987年:慶應義塾大学大学院医学研究科(循環器内科学)修了
    1987年:慶應義塾大学助手
    1991年:国立がんセンター研究所に国内留学
    1992年:米国ハーバード大学ベスイスラエル病院分子医学教室留学
    1994年:米国ミシガン大学心血管研究センター留学
    1995年:慶應義塾大学医学部循環器内科助手
    1999年:慶應義塾大学医学部講師
    2005年:慶應義塾大学医学部再生医学教授
    2010年:慶應義塾大学医学部循環器内科教授

私立大学の医学部トップと言われる慶應義塾大学医学部出身の、正にエリートな経歴です!

ハーバード大学への留学経験もあり、様々な要職を歴任している方で頼もしいですね!

福田恵一(慶応大医学部教授)の受賞歴は?

福田恵一教授がこれまでに受賞してきた受賞歴についてまとめました。

  • 1999年:慶應義塾大学医学部三四会賞北島賞 『再生心筋細胞の開発および心肥大形成の分子機構の解明』
  • 2000年:ACCP国際胸部疾患学会日本部会賞
  • 2002年:東京都医師会賞医学研究賞
  • 2002年:日本医師会医学研究助成賞
  • 2003年:慶應義塾大学医学部 坂口光洋記念医学研究助成賞
  • 2004年:日本循環器学会・日本心臓財団佐藤賞
  • 2010年:ベルツ賞受賞
  • 2011年:持田記念学術賞受賞
  • 2012年:井村臨床研究賞受賞
  • 2014年:President’s Distinguished Lecture Award at International Society for Heart Research受賞
  • 2015年:文部科学大臣表彰科学技術賞受賞

1999年の40代前半から、2015年の50代後半まで長きに渡って様々な賞を受賞していることが分かります。

ips手術を始めて成功させた暁には、更なる賞の受賞もあり得るでしょうから素晴らしいですね!

Sponsored Links

福田恵一(慶応大医学部教授)の研究内容について!

福田恵一教授の現在の研究内容はなんなのでしょうか?

慶應義塾大学医学部のHPに紹介されていましたので引用します。

難治性心不全は心臓移植以外に治療手段がなく、再生医療等の代替療法の開発が急務である。従来のiPS細胞樹立法の問題点は、皮膚バイオプシーが必要、樹立に時間が掛かる、ゲノムに挿入遺伝子が残存し、再活性化して腫瘍形成する可能性が有る等が挙げられていた。我々は末梢血Tリンパ球とセンダイウイルスを用いることにより、わずか1滴の血液から1ヶ月でゲノム遺伝子を損傷せずにiPS細胞を樹立する方法を開発した。~中略~さらに、ミトコンドリア特異的蛍光色素を利用して心筋細胞と混在する残存幹細胞・非心筋細胞の分離法、細胞シート作成法、再生心筋細胞の効率的移植法を開発した。引用元:慶應義塾大学医学部HP

少し難しいですが、心不全の治療手段について、心臓移植以外の手段となるips治療を実用可能にすることを目的にした研究のようです。

今回の臨床試験の認可が下りれば、正に快挙ですね!

福田恵一(慶応大医学部教授)の出身高校は?

慶應義塾大学医学部出身の福田恵一教授の出身高校はどこなのでしょうか?

調べたところ、千葉県立東葛飾高等学校を卒業していることが分かりました。

調べたところ、偏差値72を誇る、千葉県トップクラスの県立高校のようです。

名門高校から、名門大学へといい流れのようですね。

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。