テレビ

黄秋蓮ホンハイ次期社長候補の年収や経歴は?出身や年齢も!

CEO、社長

鴻海(ホンハイ)精密工業の新社長(董事長)に、黄秋蓮総財務長が就任する可能性が高いというニュースが報道されました。(6月21日の株主総会にて正式決定)

鴻海精密工業といえば、シャープ買収の際に日本でもかなり話題になった台湾の企業ですね!

総財務長は世界でも有数の大企業であり、売上高は15兆円、100万人以上の従業員が雇用されるというマンモス企業です。

そんな企業の社長就任が有力視されるのは、黄秋蓮さんという女性のようです。

いったいどんな方なのか詳しく調べてみました!

黄秋蓮鴻海時期董事長候補の年収は?

売上高15兆円を超えるマンモス企業の社長の年収はいくらなのでしょうか?

残念ながら、台湾企業ですので、とても年収まで調べることができませんでした。

そこで、世界の大企業の社長の年収から推定したいと思います。(2017年のデータを参考にします)

世界一位給料を貰っている社長は、エヴァン・シュピーゲルCEO(Snap Inc.)の社長で5.04億ドル(550億円)という破格なものです。

しかし、これは2位の2倍以上という規格外であるので、例外でしょう。

なかなか推定が難しいのですが、女性社長で一番年収が高いのは、4820万ドル(約50奥苑)稼いだオラクルのサフラ・キャッツCEOでした!

鴻海精密工業も世界有数の大企業ですので、黄秋蓮次期社長候補も、社長になった際には、同額か少し劣る程度で40~50億円ほどの年収になると予想します!

少しぶっ飛んだ金額ですが、現社長の郭台銘さんの総資産は9000億円にもなると報道されていますので、後継者としてありえない金額ではないでしょう。

黄秋蓮鴻海時期董事長候補の経歴は?

黄秋蓮次期社長候補の経歴を調べてみました。

実は、黄秋蓮さんは鴻海精密工業が小さな町工場時代から金庫番を務める、最古参のメンバーのようです。

そして何故、鴻海精密工業に勤めるようになったかというと、郭台銘現社長の前妻の叔母さんにあたるそうなんですね。(前妻は2005年に死去)

黄秋蓮さんの夫の游象富さんも、重要な役職についているようで、親族経営といったところでしょうか!

ですので、黄秋蓮さんの経歴は企業創業当時から、財務一筋のようです。

なお、シャープをはじめとし、大規模買収を行う鴻海精密工業において、複雑極まるお金の流れをすべて把握しているのは黄秋蓮さんだけと言われるほど、現社長から信頼を置かれているようです!

Sponsored Links

黄秋蓮鴻海時期董事長候補の出身や年齢は?

黄秋蓮鴻海時期董事長候補の出身や年齢を調べました!

出身については、台湾のようですね。

年齢は正確には分かりませんが、40年以上、企業で働いていて、郭台銘さんの前妻の叔母ということから、70歳近いのではないでしょうか!

見た目は若々しく、エネルギッシュな感じを受けますね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

様々な企業の社長について調べましたので、気になる方は、こちらを確認してください。

あわせて読みたい
CEO、社長
有名社長の年収はどれくらい?大企業や注目企業の一覧! 連日のように発表される、新社長・取締役就任のニュース。 大企業のものだけでもかなりの数になります。 そんな大企業の社...