テレビ

英月(大行寺副住職)の経歴やプロフィールは?現在の活動や画像についても!

英月 大行寺副住職 プロフィール

美人僧侶として話題の英月(えいげつ)斗さんが、”激レアさんを連れてきた。”に出演します!

”親の勧めで35回連続お坊さんとお見合いしたけど、ぜんぶ断り続けた人”という正に激レアな触れ込みで登場する英月さん。

アメリカ留学や講演会など、住職のイメージとはことなる活動が多い英月さんについて詳しく調べてみました!

英月(大行寺副住職)のプロフィールや年齢は?

  • 名前:英月(えいげつ)
  • 出身地:京都市
  • 年齢:48歳or49歳 ※1971年生まれ
  • 生まれについて:真宗佛光寺派・大行寺の長女
  • 学歴:大阪青山短期大学卒業

英月さんは、大行寺の家に長女として生まれた、寺の跡取り娘です。

親の勧めで、35回連続坊さんと見合いし続けたということですが、これだけ綺麗で家柄もしっかりしていれば、さぞモテたことでしょうね!

また、住職として本も出版しており、”一見すると軽い内容に思えるが、かなり深い内容で、浄土真宗の教えがシッカリ分かる”というレビューされるような良書のようです!

英月(大行寺副住職)の経歴や現在の活動は?

英月さんの気になる経歴を調べてみました。

大阪青山短期大学卒業。学生時代はKBS京都テレビで、お天気お姉さんを務める

1992年大和銀行(現・りそな)本店信託部入行。通常業務の他に、行内ニュースのキャスターを務めるなど当時から、スピーチは得意だったようです。

同業者(僧侶)と見合いすること、35回。ストレスで一時的に聴力を失う。このままではいけないと、家出をするようにして2001年に単身渡米。友ナシ、金ナシ、英語力ナシの中、海外生活を始める。

北米唯一の日本語ラジオ放送「サンフランシスコラジオ毎日」でパーソナリティーを務め、広く日系社会と係わり、テレビCM等にも数多く出演。働きながらも、一時期、アメリカの大学で学生生活を送る。

大学生活の中、アメリカで僧侶としての活動が始まる。「写経の会」を主宰し、国を超え、人種を超え、仏教のこころを伝える活動は、広くアメリカに住む人たちに受け入れられ、アメリカに「お寺を作ろう!」と言う大きな動きに繋がる。

これらの活動が、日本のテレビ局に取材され、大きな反響を呼ぶことになる。そんな折、2010年副住職だった弟が還俗した為、大行寺の後継者となるため、9年半ぶりに帰国する。

ユニークな経歴がメディアの注目を集め、テレビ、雑誌にと活躍の場を広げる。

帰国後に大行寺で始めた「写経の会」「法話会」には、全国から多くの参拝者が集まり、現在も続けている。

英月さんは物凄い行動力を持った方ですね!

住職の家に生まれながら、アメリカに渡り、アメリカで大きな運動を起こすなど、パワフルな女性です!

現在も、講演会やお話を続けているそうですので、是非とも聞いてみたいですね。

Sponsored Links

英月(大行寺副住職)の画像や動画!

英月さんの画像や動画を集めました!

インタビュー写真です。やはり住職姿は似合っていますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Carlsbad Caverns #carlsbadcaverns #カールズバッド洞窟群国立公園 #アメリカの国立公園 #コウモリ #英月

英月(@eigetsu_kyoto)がシェアした投稿 –

アメリカでの旅行写真です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆっくりさせていただきました🙂 #バケーション #ハワイの夕暮れ #koolina #女性住職 #英月

英月(@eigetsu_kyoto)がシェアした投稿 –

ハワイでのラフな一枚です。普段と違う姿もギャップがあっていいですね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!