サッカー

ルカモドリッチ(クロアチア)の美人妻の画像!トレーニング動画も!

ロシアW杯のダークホースと言われていたクロアチア代表ですが、見事、準優勝を果たしました!

毎大会ダークホースと言われる国はありますが、結局はドイツ、イタリア、ブラジル、アルゼンチン、スペイン、オランダ、フランスなどの強豪国同士の決勝ばかりで、ダークホースと呼ばれるチームが決勝まで勝ち上がってきたのは実に新鮮でした!(正確には1966年大会のイングランド以来、52年振りだそうです!)

今回はそんなクロアチア代表の主将として大活躍し、大会MVPにも選ばれたたルカモドリッチ選手を調べてみました!

所属クラブのレアルマドリードでもチャンピオンズリーグ3連覇に貢献したことから、バロンドールの大本命になったともいえるルカモドリッチ選手。

今回はそんなルカモドリッチ選手の過去のプロフィールや、気になる美人妻の写真、凄すぎるトレーニング動画やスーパープレー集、気になる給料情報を見つけましたのでUPしました!

モドリッチのプロフィール!

Pratite @utakmicazivota pratit cu I ja!

Luka Modricさん(@lukamodric10)がシェアした投稿 –

  • 名前:Luka Modrić(ルカ・モドリッチ)
  • 出身:ユーゴスラビア ザダル(ユーゴスラビアは1992年に解体、現在はクロアチアの都市)
  • 生年月日:1985年9月9日(33歳 ※2019年4月時点)
  • 身長・体重:172cm・65kg
  • ポジション:MF (CMF)
  • 利き足:右足
  • 所属:レアルマドリード(スペイン-リーガエスパニョーラ)
  • 個人タイトル:リーガ最優秀ミッドフィールダー:2013-14, 2015-16、FIFA/FIFProワールドイレブン:2015, 2016, 2017、FIFAクラブワールドカップゴールデンボール:2017、FIFAクラブワールドカップシルバーボール:2016、UEFAチャンピオンズリーグ最優秀MF:2016-17、FIFAワールドカップゴールデンボール賞:2018
  • (あまりの多さに書ききれなかったのでメジャーなとこだけ書いています)

タイトルの獲得数が多すぎて書ききれません(笑)

ユーゴスラビア出身ということですが、現在、国が解体されていることからも想像できるように、ルカモドリッチ選手は5、6歳の頃、1991年に起こった旧ユーゴスラビア紛争に巻き込まれています。

激しい内戦で、ルカモドリッチ選手はゲリラに捕縛された祖父が殺されるのを、その目で見たということも語っていましたので、壮絶な経験ですね。

その後、家族は村を出て、難民が暮らすホテルに仮住まいするようになり、そこで難民の子供たちと、サッカーボールを蹴るようになったのがルカモドリッチ選手とサッカーを始めたきっかけだったようでう。

32歳という、一般的に若いといっても差し支えのない選手が紛争に巻き込まれ、その中でサッカー選手を始めたというのは、正直信じ難いですね。

最後まで諦めずに走りぬく、ハードプレーで称賛されることも多いルカモドリッチ選手ですが、幼少期の体験もそのプレースタイルに影響を与えているのかもしれませんね。

モドリッチの画像!美人妻の姿も!

本人のインスタグラムから気になる写真をいくつか見つけたので集めてみました!

・家族のショットです。可愛い子供に美人な奥さんですね!

・ジダンとの豪華2ショット(チャンピオンズリーグのトロフィーを持って)

・クロアチアと言ったらこのユニフォームですね!

Great start for us at the World Cup in #Russia Bravo Hrvatska💪🏻🙏🏻 #CRONGA 2-0 #IznadSvihHrvatska 🇭🇷

Luka Modricさん(@lukamodric10)がシェアした投稿 –

Sponsored Links

モドリッチのトレーニングやプレー動画

・体幹トレーニングをするモドリッチ選手

長友選手がやる静的なものとは全く違う、動的な体幹トレーニングです!

世界最大規模のクラブが教える最先端のメソッドのようですね。

しかし、やっぱり半端ない運動神経してますね。。

・モドリッチ選手の歴代ゴール集

やっぱり圧倒的な上手さですね!

ここ10年近く、メッシ選手とロナウド選手が独占しているバロンドールですが、次回はルカモドリッチ選手が大本命と言えるでしょう!

楽しみですね。

モドリッチの性格は?

ルカモドリッチの性格はどうなんでしょうか?

大躍進したクロアチア代表でキャプテンを務めていることから、監督やチームメイトから信頼されていることは間違いないでしょう。

もっと詳しく知りたいのですが、欧州のトッププロは日本人選手のようにバラエティ番組に出たりしないので、あまり直接性格について知ることができません。(乾選手のようにダウンタウンとお酒を飲みながら語る番組なんて、欧州の選手では考えられません)

ただ、ルカモドリッチ選手の性格の良さを表すエピソードとして一ガレスベイル選手の移籍話があります。

2013年にトッテナムからレアルマドリードに当時の移籍金最高額を塗り替えたと言われる金額でやってきた、ガレスベイル選手は、レアルマドリードに移籍した理由について聞かれると「モドリッチがいたから」と語ったと言われています。

これについては真偽は定かではありませんが、理由の一つとしてルカモドリッチ選手の存在があったことは間違いなさそうですので、トッププロからも信頼されるルカモドリッチ選手の性格の良さが分かる象徴的なエピソードとされています。

Sponsored Links

モドリッチの給料や市場価格は?

W杯出場選手の気になる給料や市場価格について調べてみました!

基本的な情報は欧米の大手まとめサイトからの情報ですので、信頼度は高いと思われますが、所属クラブから発表されている訳ではありませんので、その点はご了承ください。

まず、ルカモドリッチ選手の給料ですが、2017年の時点で800万ユーロ(約10億円)となっていまして、スター軍団レアルマドリードの中で第5位となっております。

高いのは分かるんですが、正直、サッカー選手の中でどのくらいかピンときにくいですが、レアルマドリードの中では、1位クリスティアーノロナウド、2位ガレスベイル、3位セルビオラモス、4位トニクロースと超大物につぐ5位ですので、給料的にもかなり評価されているのは間違いないでしょう!

しかもW杯の活躍もありますし、大黒柱のクリスティアーノロナウド選手が移籍することが決まっていますから、もし、ルカモドリッチ選手がバロンドールをとれれば、チームの顔として、給料の大幅UPもあるかもしれません!

次は、高額な移籍金が話題となる、市場価値ですが、アンテレビッチ選手の場合は€25千万(約32億円)の評価となっており、W杯参加選手の中で119位となっております。

※市場価値は、年齢やポジション、契約年数、パフォーマンス、国際的地位などを加味して算出される

2015年2月の段階ではの€55千万(約72億円)でしたが、32歳という年齢から市場価値を落としています。

給料と同様に今回のW杯の活躍で、市場価値も高騰するかもしれませんね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!