MLB

クリスチャンイエリッチはMLB2018年度MVP!経歴や成績から年俸は?

MLB選手

4月27日放送の”炎の体育会TV”にメジャーMVP!世界No.1バッターとして、クリスチャン・イエリッチ選手が出場されると思われます!(番組予告ではマル秘ゲストのため非公開)

エンゼルス時代にはイチローともチームメイトだったことでも有名なクリスチャン・イエリッチ選手。

2018年度のナショナルリーグMVPですが、いったいどれほどの成績で年俸はいくらなのかや、プレー動画まで気になる情報を調べてみました!

クリスチャンイエリッチの経歴や実績

  • 名前:Christian Stephen Yelich  (クリスチャン・スティーブン・イエリッチ)
  • 生年月日:1991年12月5日 年齢27歳(※2019年4月時点)
  • 出身:アメリカ合衆国 カリフォルニア州ベンチュラ郡サウザンドオークス
  • 身長・体重:190.5cm・88.5kg

クリスチャン・イエリッチ選手は、2010年のMLBドラフト1巡目(全体23位)でフロリダ・マーリンズからで指名されプロ入りしています。

メジャーではドラフトの規模が段違いで、30球団から合計1200人以上も指名されます。

そんな中で、1巡指名を受けたクリスチャン・イエリッチ選手は学生時代からかなり高い評価を受けていたことが分かります。

プロ入り後は順調にマイナーの階段を駆け上がり、2013年にメジャーデビューを果たします!

メジャーでの在籍球団は下記の通りです。

  • フロリダ・マーリンズ:2013~2017(2010~2013はマイナーに所属)
  • ミルウォーキー・ブルワーズ:2018

マーリンズ在籍時にはイチロー選手ともチームメイトで、その時の画像をクリスチャン・イエリッチ本人がUPしていました!

あなたのチームメイトや友人と言えることは私の誇りだ”とクリスチャン・イエリッチ選手が書いていますので、イチロー選手をリスペクトしていたことが分かります。

メジャーでの活動は通算で6年間で、通算成績は下記の通りです。

  • 出場試合数:790試合
  • 打率:.297
  • 本塁打:91本
  • 打点:403打点
  • 盗塁:94盗塁

そして、注目のMVPを獲得した2018年度の成績はこちらです!

  • 出場試合数:147試合
  • 打率:.326
  • 本塁打:36本
  • 打点:110打点
  • 盗塁:22盗塁

日本で1流打者の証と言われる、『3割・30本・100打点』を見事にクリアしていますね!

クリスチャン・イエリッチが今までに獲得したタイトルはこちらです!

  • 首位打者 1回:2018年
  • ナ・リーグMVP 1回:2018年
  • ゴールドグラブ賞 1回:2014年
  • シルバースラッガー賞 2回:2016年、2018年
  • ハンク・アーロン賞 1回:2018年
  • ファンサイデッド選出 マーリンズ最優秀選手:1回 (2016年)
  • WBC最優秀外野手 1回:(2017年)
  • MLBオールスターゲーム選出:1回(2018年)
  • サイクル安打:2回

まだ、活動年数が6年しかないのにかかわらず、これだけのタイトルを獲得しているのはさすがですね!

また、前回の2017年開催のWBCで、アメリカ代表の3番として大活躍!

最優秀外野手に選ばれ、アメリカの初優勝の大きく貢献しました。

クリスチャンイエリッチの年俸は?

ジェフリーマルテ選手の年俸は下記の通りです。(全て推定年俸)

  • 2013年:$ 502,000(約5,600万円)
  • 2014年:$ 505,000(約5,700万円)
  • 2015年:$ 570,000(約6,400万円)
  • 2016年:$ 1,000,000(約1億1千万円)
  • 2017年:$ 3,500,000(約3億9千万円)
  • 2018年:$ 7,000,000(約7億8千万円)
  • 2019年:$ 9,750,000(約11億円)

ということでMVPを獲得した、クリスチャン・イエリッチ選手の年収は約11億円になります!

もちろんものすごい額ですが、30億円近い年俸を貰う選手がいるメジャーで、この額は少し少なく感じてしまいます。

クリスチャン・イエリッチ選手が活躍を続ければ、契約更改の時に金額が跳ね上がるのは間違いないでしょう!

Sponsored Links

クリスチャン・イエリッチのプレー動画

・HR動画

・守備も含めたハイライト動画

<

・トレーニング動画

メジャーMVPに名に劣らず、クリスチャン・イエリッチ選手は圧倒的な選手であることが分かります!

今後の活躍が楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!