漫画

ラブドールズのあらすじやネタバレ!感想や伏線から今後の展開の予想も!

ラブドールズ

グロテスクな表現に、少しセクシーな絵、先の読めない展開が気になる漫画”ラブドールズ”1巻(2018年6月発売)を読んだので読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ラブドールズのあらすじやネタバレ!

ラブドールズのあらすじは!

まずは公式サイトの紹介からです。

実物大の遠隔操作人形・通称ドール。近未来のある日、嘘つきのチンピラ、キトーは、ヤクザのボスの死体と共にいた高級ドール・コッペリアと出会う。コッペリアに死んだ恋人の面影を見ているキトーは、ヤクザたちの追撃を受けながら、コッペリアと西を目指して旅に出るが…!? 頼りない嘘つき男と高級ラブドールが織り成す、近未来人形SFロードムービーコミック登場!! 公式HPより引用

ということで、主人公は嘘つきのチンピラ、キトという男で、ヒロインは高級ドールのコッペリアです。

コッペリアは高級ラブドールだと書かれていますが、要は持ち主の性的な欲求を満たす為に、使われる愛玩用の人形です。

本作は、近未来のSF的な作品ということで、ラブドールが動くことができ、主人公と一緒に、ヤクザの追撃を受けながら、西を目指す旅が最初のお話しです。(旅の目的などはネタバレになります。後述してありますので、ネタバレが気にならない人は次の章を読んでください!)

愛玩用の人形が動けるなんて、実現を望む人も多い、正に未来の技術ですね。

ただそんなラブドールがヒロインの本作品ですが、エロス的な要素だけでなく、人が殺される描写がグロテスクに描かれています。

下記は作品の最初のタイトルページの絵になります。

ラブドール一話

グロさや、エロさ、猟奇性など全てが描かれており、作品内でもトップレベルにグロイ絵になります。

この絵のレベルのグロさなら問題ないという人は作品を読んでも気にならないでしょう!

このように、キトーとコッペリアがある目的の為に西に旅をし、その最中にグロテスクやエロい、様々な出来事が起こるというのが本作品のあらすじになります。

ラブドールズのネタバレ!

以下、ネタバレを含みますので、ネタバレ無しで作品を読みたい方は絶対に読まないでください

この話の始まりは、先ほどの絵で描かれている部分で、いきなり主人公(キトー)の組織のボスが、”陰茎にお気に入りの女が刺されて死んでいる状態”で発見されるところから始まります。

一見すると、この女(ラブドールでヒロインのコッペリア)が殺してようにみえますが、コッペリアはキトーに自分は殺しておらず、犯人を見たと訴えます。(コッペリアは喋れないので、会話は全てスマフォに打ち込んだ文字を使って行っています)

ただコッペリアは簡単には犯人を明かしてくれず、条件として”自分の操縦者に会う事”を告げ、ここからキトーとコッペリアの西への旅が始まります

この縦者というのが、本作品の一つの特徴ですね。

本作品でのラブドールは、ロボットのように意志をもって動くのではなく、遠隔操作で操られています。

下記が操縦者が描かれているシーンです。

ラブドールの遠隔操縦者たち

この世界では遠隔操縦にはかなりのリスクが伴い、操縦中に自分が無防備になることと、遠隔操縦のコードを無理やり抜くと、神経が切断され操縦者自身が死んでしまいます。

かなりリスクがある為、操縦者は普通、借金をしたりなどで、日常の生活を諦めてしまったような人たちがやる仕事のようですが、コッペリアの操縦者の意図は明かされておらず、それを明かすことがこの作品の大きなテーマの一つとなります。

また、エロ的な要素ですが、コッペリアがキトーのことを求めており、普通にセックスのシーンも描かれています。

コッペリアと情事のシーン

キトーの方はラブドールであるコッペリアを抱くことに抵抗があるようですが、コッペリアのモデルとなった”エイミ”という女性がキトーの元恋人というとことで、コッペリアに求められたキトーはコッペリアを抱いてしまいます。

このように体を重ね関係を深めながら、コッペリアの操縦者を探して西への旅を続ける2人ですが、組織のボス殺しの疑いをかけられているキトーは、ヤクザやその刺客に追われます

もちろん、ヤクザ側もラブドールを所持しているので、人間以上の破壊力を持ったラブドール同士の豪快な戦いもこの漫画の注目ポイントになります!

下記は1巻の最後のシーンで、コッペリアが敵のラブドールに壊されたシーンになります。

ラブドールですので、即死というわけではないでしょうが、次巻以降の展開が気になります。

ラブドール ネタバレ 戦闘シーン

ラブドールズの感想

冒頭の内臓が飛び出た殺人シーンを見たときは、少し抵抗ありましたが、読み進めていくと、キトーもコッペリアも魅力的なキャラで、読後感は悪くなかったです!

昔の女のことで心にも傷を持つキトー、それを埋めようとするコッペリア、そんな二人の切ない交わりにお構いなく遅い来る刺客たち、ともすれば手足がもげるラブドール同士の凄惨なバトルといったように見どころは満載です。

作者の表現もうまい為、作画とテンポも良く、妙な明るさやコミカルさもありました。

エロ的な要素もありますが、どちらかというとコッペリアの操縦者の目的など、多くの謎がある作品ですので、謎の解明の方に興味があり、続きが気になる作品でした!

ラブドールズの伏線や今後の展開の予想!

現在までに出ている大きな伏線は3つで、コッペリアの操縦者、ボス殺しの犯人、元恋人のエイミ、コッペリアの瞳です。

この4つがどのようにかかわってくるのかが注目です。

元恋人のエイミは死んだということになっていますが、キトーが死んだと思い込んでいるだけで、一命は取り留めているなどという展開はよくありますので、死んでいると決めつけることはできません。(エイミーと思われる女性の首を絞めるシーンの描写のみあります)

コッペリアの瞳については、”彼女の瞳2つで組織を3世代存続させることができる”ということを敵キャラが言いますので、かなり貴重なものです。

ダイヤや金などの貴金属類ということもありますが、組織を3世代存続させる価値には届かないと思いますので、ボスに関する何かしらの映像データではないでしょうか?

また、追ってのヤクザがキトーを探すときに、”下っ端かよ”とほぼ知らない認識なのに対し、キトーは自分の事を”組織の幹部、ボスの右腕、そしてボスの後継者だよ”と言っています。

この認識のギャップは、読者に分かりやすい形で描かれていますので、コッペリアの瞳にあるデータを使うことで、キトーが組織のボスになれる、、なんて展開の伏線かもしれませんね。

ちなみに、作者あとがきに”2人の旅の決着がどうなるか僕にも分からない”と書いています。

さすがにある程度の展開は決めているでしょうが、まだまだ話が変化する可能性があるようです!

あわせて読みたい
ラブドールズ
ラブドールズ1巻を無料で読む方法!漫画を試し読みできるサイトも紹介! 2018年6月発売のラブドールズ1巻を無料で読める方法を紹介します。 もちろん、違法サイトなどではなく、正規の方法です。 ...

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!